無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« みんなの党と連立せず 民主方針 | トップページ | 外交、経済政策…連立なら 『民主政権』の火種に? »

2009年8月29日 (土)

非核三原則「法制化にこだわらず」 社民・福島氏

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090828/stt0908282058006-n1.htm
非核三原則「法制化にこだわらず」 社民・福島氏
2009.8.28 20:57

 社民党の福島瑞穂党首は28日、党本部で記者会見し「非核三原則の堅持が担保されるなら、法制化には必ずしもこだわらない」と述べた。党衆院選マニフェスト(政権公約)は「法制化を図る」と明記している。

 ともに衆院選後の連立政権を目指す民主党の鳩山由紀夫代表が「(政権を獲得すれば)米国に三原則を守らせる最大限のことをする」と発言したことに配慮したとみられる。

 福島氏は「非核三原則を堅持することが重要だ。米国ときちんと協議し、実現できるテーマだ」と指摘。その上で「今までの主張を撤回したわけではない。もし(堅持が)危ないと思えば、きっちり縛る法制化が必要だ」と強調した。

« みんなの党と連立せず 民主方針 | トップページ | 外交、経済政策…連立なら 『民主政権』の火種に? »

「国内情勢」カテゴリの記事