無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 対米に腐心、具体論あいまい=外交・安保、現実路線に-民主【09衆院選】 | トップページ | 米国へのミサイル、迎撃も可能に…安保懇報告書 »

2009年8月 3日 (月)

首相「伝統、国旗…守るべきもの守る」演説で保守色拍車

http://www.asahi.com/politics/update/0802/TKY200908020096.html
首相「伝統、国旗…守るべきもの守る」演説で保守色拍車

2009年8月2日18時58分
 麻生首相は2日、総選挙に向けた地方遊説で愛知県を訪れた。民主党に追い風が吹いているなか、ただでさえ同党が強い地域とあって、首相は17選を目指す海部俊樹元首相の事務所開きにも激励に駆けつけた。

 演説では失言を避けようと慎重な言い回しだが、「保守」強調には拍車がかかる。この日は「我々は守るべきものは守る。伝統であり、歴史であり、皇室であり、日本語であり、国旗を大事にする。日教組の先生をされた民主党が国旗を振りますか。日本にとって最も大事にすべきだ」と訴えた。

 演説冒頭では「一連の私の発言や力不足から党の結束の乱れが出て、自由民主党に対する信頼感の欠如につながった」と謝罪し、「競争が行き過ぎて弱者がしわ寄せを食らう。弊害を率直に認めて訂正しなければならない」。そのうえで経済対策の実績や民主党批判を続けるスタイルを定着させつつある。

« 対米に腐心、具体論あいまい=外交・安保、現実路線に-民主【09衆院選】 | トップページ | 米国へのミサイル、迎撃も可能に…安保懇報告書 »

「国内情勢」カテゴリの記事