無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 貨物検査法案廃案へ 対北包囲網、自ら崩す/貨物検査法、「民主政権」で成立=鳩山代表 | トップページ | 日米「新安保共同宣言」に向け協議へ  »

2009年7月15日 (水)

官房長官、貨物検査法案で民主の対応批判

このような自民党による民主党への「政権担当能力」に引っかけた攻撃は多くなるだろう。本当はそれを畏れる必要はないのだが、鳩山代表は、はや政権についたかのような錯覚を起こして、「政権交代のあと、速やかに臨検法に着手する」というようなことを言ってみたり、非核三原則の「現実的見直し」を言ったりしはじめた。愚かなことだ。
有権者は自公政治の交代を望んでいるのであり、単なる顔の交代を望んでいるのではない。中身が自公と同じであるなら、それはまた批判の対象だろう。
我々は自公政権の交代を望むが、それが交代しても政治内容が変わらないのであるなら、再度、断固として闘うだろう。(高田)

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090715AT3S1500J15072009.html
官房長官、貨物検査法案で民主の対応批判

 河村建夫官房長官は15日午前の記者会見で、北朝鮮に出入りする船舶の貨物検査をしやすくする特別措置法案について「国際協調の中で進める大事な法案だ。民主党は政権担当能力を言うのであれば正面から考えるべきだ」と述べ、参院の法案審議に応じるよう求めた。ただ自民、民主両党の党首会談で成立に向けた調整を図るべきだとの考えに関しては「そういうことにはなっていない」と否定した。

 民主党の鳩山由紀夫代表が1960年の日米安全保障条約改定時の核持ち込みに関する密約をめぐり、核兵器を搭載した艦船の寄港や領海内の通過を日米両国の事前協議の対象外とすることを容認する考えを示唆したことについては「非核三原則は国是だ」と述べ、慎重な姿勢を示した。(13:12)

« 貨物検査法案廃案へ 対北包囲網、自ら崩す/貨物検査法、「民主政権」で成立=鳩山代表 | トップページ | 日米「新安保共同宣言」に向け協議へ  »

「国内情勢」カテゴリの記事