無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 貨物検査(臨検)特措法反対、国会前緊急行動 | トップページ | 民主との連立目指す=衆院選公約で最終案-社民 »

2009年7月 9日 (木)

貨物検査法案、賛成へ調整=国連決議を考慮、政調会長一任-民主

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009070900448
貨物検査法案、賛成へ調整=国連決議を考慮、政調会長一任-民主

 民主党は9日、北朝鮮関係船舶の貨物検査を可能にする特別措置法案に賛成する方向で調整に入った。海上自衛隊の任務が限定されたことや、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に基づく法整備であることを考慮した。12日に投開票の東京都議選後の政局の動向を見極めて最終判断する。
 同党は9日午前、外務防衛部門などの合同会議を開き、鉢呂吉雄「次の内閣」外務担当は「国連安保理決議を踏まえると、法整備の必要がある」と指摘。異論は出ず、直嶋正行政調会長に取り扱いを一任した。これに関連し、政調幹部は、検査の主体が海上保安庁と税関である点を踏まえ、海賊対処法の審議の際に求めた国会承認規定は必要ないとの考えを示した。
 法案への対応をめぐっては、鳩山由紀夫代表が既に「反対する立場ではない」と表明。別の幹部も「今国会で成立させた方がいい」との考えを示している。法案に反対すれば、次期衆院選で国際貢献が大きな争点となるのが確実で、得策ではないとの判断もあるとみられる。(2009/07/09-13:01)

« 貨物検査(臨検)特措法反対、国会前緊急行動 | トップページ | 民主との連立目指す=衆院選公約で最終案-社民 »

違憲戦争法」カテゴリの記事