無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 経団連、政党評価11月に先送り=民主への対応、慎重に判断 | トップページ | 麻生首相「高齢者は働くことしか才能ない」 活力社会巡り発言 »

2009年7月25日 (土)

【主張】憲法改正 日本どうするかの議論を

産経が各党に「憲法改正」の議論の要求を強めている。産経は国会での憲法改正論議が低調であることを嘆いているが、なぜそうなのかの認識が全く間違っている。
国会での憲法改正論議が高まりを見せていないのは、各党の姿勢が軟弱だからではなく、「国民の多くが」それを望んでいないからだ。いま、緊急性がないのだ。憲法の改正という問題は、この「国民の多くが望んでいるか、どうか」が重要な指標になる。だから、民主党もそのようにいい、麻生自民党も産経が望むような主張にまで踏み込むことに躊躇しているのだ。
党利党略で、「憲法論議をリード」させようという産経の主張は立憲主義からみて不当なものだ。産経はひたすら「集団的自衛権の行使」が可能になる9条改正を望んでいる。多くの人びとはそれを望んでいない。
産経にそれを望むのはムリなことではあるが、なぜ自らの「主張」が各方面から支持されないのかを冷静に考えてみるべきだと思うのだが、いかがか。(高田)

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090725/plc0907250310002-n1.htm
【主張】憲法改正 日本どうするかの議論を
来年5月18日、憲法改正原案の発議が可能となる。今回の総選挙で選ばれる議員は、国のありようを定める憲法の改正に取り組むことができる。日本をどうするかを決める役割を担うことを深く認識してほしい。

 しかし、こうした憲法論議は現在、高まりを見せていない。憲法改正原案などを審議する衆参両院の憲法審査会が設置以来約2年間、機能していないためだ。

 さきの通常国会では、この審査会の運営ルールとなる「審査会規程」が衆院で自民、公明両党の賛成で可決された。しかし、参院側の規程については、審議に入れなかった。民主党などが「与野党が合意できる環境が整っていない」などの理由で反対したからだ。

 民主党の鳩山由紀夫代表は憲法改正を持論としているが、きわめて残念な対応だ。言行不一致は信頼性を損ないかねない。

 増大する北朝鮮や中国の脅威に対応し、日米同盟を強化するためには、集団的自衛権の行使に向けた憲法解釈の変更や9条改正の議論が急がれる。

 民主党がマニフェスト(政権公約)に先立って公表した政策集「INDEX2009」では、「国民の多くが改正を求め、国会内の広範かつ円満な合意形成ができる事項があるかどうか」を憲法論議の前提条件に掲げている。かつての改憲姿勢から、大きく後退しているのではないか。

 憲法審査会を国会に置く根拠となった憲法改正手続きのための国民投票法について、当初、民主党も積極的だったことを忘れてはなるまい。

 公明党はマニフェストで「憲法と現実の乖離(かいり)」を検証するため「現行憲法をあらゆる角度から点検する国民的作業」の必要性を打ち出した。急ぐべきである。

 公明党は集団的自衛権の行使などの問題には慎重だ。しかし、マニフェストには「一日も早く議論の場を設ける」と憲法審査会の活用が提起された。

 自民党はマニフェストで、麻生太郎首相の意向を受けて集団的自衛権の行使を盛り込む方向だが、憲法との整合性について「現実的な整理を行う」などの表現にとどまるようだ。これでは自民党らしさに欠ける。

 憲法解釈の変更に踏み出すことを明確にすべきだ。自民党が憲法論議をリードしないで、だれがその役割を担うというのか。

« 経団連、政党評価11月に先送り=民主への対応、慎重に判断 | トップページ | 麻生首相「高齢者は働くことしか才能ない」 活力社会巡り発言 »

改憲動向」カテゴリの記事