無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 産経新聞【主張】自民党迷走 憲法改正で立て直し急げ | トップページ | インド洋給油「継続」を批判=民主はぶれている-社民党首 »

2009年7月18日 (土)

「非核三原則」で不協和音=連立の火種に-民主・社民

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
「非核三原則」で不協和音=連立の火種に-民主・社民

 民主党の鳩山由紀夫代表が、「持たず、つくらず、持ち込ませず」とする非核三原則に関し、将来の日米協議の必要性に言及したことで波紋が広がっている。非核三原則見直しにつながる可能性に危機感を抱いた社民党は強く反発。政権を獲得した場合、両党の連立協議の火種となりそうだ。
 鳩山氏は15日、記者団に対し、政権を取れば、核持ち込みに関する日米間の密約の存在を明らかにする考えを示した上で、非核三原則見直しについて「北朝鮮の脅威、米国の(核の傘により日本を防衛する)拡大核抑止力をどう考えていくかという議論はあってしかるべきだ。遠い将来どうなるのか、米国の考え方も徹底的に聞きながら議論していく必要がある」と述べた。
 これに対し、マニフェスト(公約)に「非核三原則厳守」と明記した社民党はすかさず反応。重野安正幹事長は「政権の一翼を担う前提条件はいろいろある。われわれの琴線に触れることを平気で否定するのはいかがなものか」と連立協議に影響しかねないと不快感を示した。民主党内でも、これまで議論されておらず、「見直す必要はない」(若手)との声が強い。
 一方、米国は北朝鮮の核実験やミサイル発射を受け、日本に対する「拡大抑止」を強調しており、将来的には「核持ち込み」をめぐり日米間で論議が生じる可能性もある。「日米安保の在り方は政権獲得後に考えればいい」(政調幹部)と安保論議を先送りしてきた民主党だが、政権交代が現実味を帯びる中、米国や社民党との関係で難しい対応を迫られそうだ。(2009/07/18-14:39)

« 産経新聞【主張】自民党迷走 憲法改正で立て直し急げ | トップページ | インド洋給油「継続」を批判=民主はぶれている-社民党首 »

「国内情勢」カテゴリの記事