無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 防衛白書の要旨 | トップページ | 産経新聞【主張】自民党迷走 憲法改正で立て直し急げ »

2009年7月18日 (土)

日米安保50年に新文書…米国務次官補が意向表明

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090717-OYT1T01131.htm
日米安保50年に新文書…米国務次官補が意向表明

 来日中のカート・キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は17日、都内の米大使館で記者会見し、日米安保条約締結50周年にあたる2010年に、同盟関係の深化を図るための文書を日米両政府でまとめる意向を表明した。

 キャンベル氏は、1996年の「日米安保共同宣言」に続く新たな文書をまとめるための日米協議は「次期衆院選まで待たなければならない」としたうえで、米国としては新たな文書に、〈1〉同盟が他国の平和と安定のために成し遂げた実績の確認〈2〉同盟の現状と課題の点検〈3〉気候変動問題など、同盟が対処すべき新たな課題の設定――の3点を盛り込む考えを示した。

 また、キャンベル氏は米国が日本に提供している「核の傘」に関し、日米両政府が定期的な協議開始で合意し、18日に都内で開く日米安全保障高級事務レベル協議で初めて正式な議題として取り上げる方針を示した。日本の核武装については、「日本の国益にもアジア太平洋地域の平和と安定の維持にもつながらない」と否定的な考えを示した。
(2009年7月18日00時02分  読売新聞)

« 防衛白書の要旨 | トップページ | 産経新聞【主張】自民党迷走 憲法改正で立て直し急げ »

「国内情勢」カテゴリの記事