無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米が核戦略含む安保協議 局長級で月内にも開催 | トップページ | 貨物検査法案「反対の方向」=福島社民党首 »

2009年7月 8日 (水)

北朝鮮船舶検査、特措法案「反対の立場でない」 民主・鳩山氏

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090708AT3S0701D07072009.html
北朝鮮船舶検査、政府が特措法案提出 洋上は海保が実施

 政府は7日、安全保障会議と臨時閣議を開き、北朝鮮に出入りする船舶への貨物検査をしやすくする特別措置法案を決定し、国会に提出した。核実験を強行した北朝鮮への国連安全保障理事会制裁決議を履行するための法案で、洋上は海上保安庁、港湾や空港では税関にそれぞれ検査を実施させる内容。9日の衆院本会議で審議入りする見通しで、与党は民主党にも協力を呼びかけて今国会中の成立を目指す。

 検査は核・ミサイル関連物資などを積載している「相当の理由がある」場合に実施する。公海上での検査の場合は船舶の所属国の同意が必要なうえ、船長にも了承を求める。船長が従わない場合は、日本の港に検査のための寄港を求める「回航命令」を出すことができる。検査に協力しない場合は2年以下の懲役などの罰則も設けた。

 法制化の焦点だった海上自衛隊の参加に関しては「海保のみで対応できない特別の事情がある場合に、海上での警備その他の所要の措置をとる」と明記。海自は貨物検査はせず、艦船や航空機による情報収集や相手船舶の追尾を主任務とする。(01:08)

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090708AT3S0701O07072009.html

北朝鮮船舶検査、特措法案「反対の立場でない」 民主・鳩山氏

 民主党の鳩山由紀夫代表は7日の記者会見で、政府が提出した北朝鮮に出入りする船舶への貨物検査をしやすくする特別措置法案について「海上保安庁が主体で、特別な場合に海上自衛隊もありうるということなら、それほど反対する立場ではない」と述べ、早期採決に前向きな姿勢を示した。

 そのうえで「(海自などの派遣に)国会の承認がいるかどうかは議論が必要だ」とも指摘。「まだ結論を決めているわけではない」と述べた。

 内閣不信任決議案の提出の判断にあたっては、臓器移植法改正案、水俣病未認定患者の救済法案に加え船舶検査法案の成立は「絶対条件とはならない」と表明。社民党など他の野党の考えや世論の動向、12日投開票の東京都議選の結果なども見極めて総合的に判断する考えを示した。(01:08)

« 日米が核戦略含む安保協議 局長級で月内にも開催 | トップページ | 貨物検査法案「反対の方向」=福島社民党首 »

違憲戦争法」カテゴリの記事