無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 政治の変化は日本の利益=次期駐日大使恩師のオキモト名誉教授 | トップページ | 海自インド洋派遣、来年1月まで延長 »

2009年7月 2日 (木)

アフガン増派の米軍 作戦開始

http://www3.nhk.or.jp/news/t10014012501000.html#
アフガン増派の米軍 作戦開始
7月2日 16時36分

治安の悪化に歯止めがかからないアフガニスタンで、アメリカのオバマ政権が新たに増派した軍の部隊が、2日から初めて大規模な軍事作戦を開始しました。

大規模な軍事作戦が始まったのは、アフガニスタン南部のヘルマンド州で、2日朝、4000人規模のアメリカ軍がアフガニスタン軍とともに州内の各地に展開しました。ヘルマンド州は、反政府武装勢力タリバンの最大の拠点で、大半がタリバンの支配下にあり、アフガニスタン政府もほとんど統治することができていません。アメリカ軍によりますと、今のところ戦闘は起きていませんが、今後、各地に前線基地を設けるとともに、タリバンの拠点を探し出して攻撃し、弱体化を目指すということです。今回の作戦に参加する部隊は、アメリカのオバマ政権がアフガニスタンの安定化に向けて打ち出した新しい戦略の一環として増派されたもので、大規模な軍事作戦を行うのは今回が初めてです。作戦の期間については明らかにされていませんが、来月20日の大統領選挙を安全に行うことも目的の一つであるため、少なくとも1か月は続くものとみられています。ただ、タリバン側も対抗措置として仕掛け爆弾などゲリラ戦術を用いて攻勢を強めるとみられており、今回の軍事作戦で実際にどこまで治安を回復することができるかは、依然、不透明な情勢です。

« 政治の変化は日本の利益=次期駐日大使恩師のオキモト名誉教授 | トップページ | 海自インド洋派遣、来年1月まで延長 »

「国際情勢」カテゴリの記事