無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« アフガン部隊の増強不可欠=日本の支援を評価-米代表 | トップページ | 【09衆院選】消費税据え置き明記 民主・社民・国民新党の共通公約判明 »

2009年7月30日 (木)

【09衆院選】消費税据え置き明記 民主・社民・国民新党の共通公約判明

http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090730/elc0907300202002-n1.htm
【09衆院選】消費税据え置き明記 民主・社民・国民新党の共通公約判明
2009.7.30 02:01

 民主、社民、国民新3党が連立政権樹立に向けて、衆院選で示す「共通公約」素案が29日、明らかになった。「政権期間中は消費税率引き上げは行わない」として衆院議員任期の4年間を念頭に現行税率5%に据え置くことを明記。製造業派遣を原則禁止する労働者派遣法の抜本改正も含む計8項目で3党政策責任者が同日、大筋合意した。3党の考えに隔たりがある外交・安全保障問題に関しては、盛り込みを見送った。

 詳細を詰めた上で、来月18日の衆院選公示前に発表する。3党により過半数を獲得すれば、今回の共通公約を踏まえて連立政権樹立に向けた協議に入る。

 素案に盛り込まれたのは、このほか(1)郵政事業の抜本的見直し(2)後期高齢者医療制度の廃止-など。社民党の主張で「生活保護受給の母子家庭への母子加算復活」「障害者自立支援法の廃止」も入った。

« アフガン部隊の増強不可欠=日本の支援を評価-米代表 | トップページ | 【09衆院選】消費税据え置き明記 民主・社民・国民新党の共通公約判明 »

「国内情勢」カテゴリの記事