無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【麻生政権考】尊重すべき天皇の国事行為 | トップページ | 雑記(87)くるま百合の花 »

2009年7月13日 (月)

衆院21日解散、8月30日投開票 政府・与党が合意

http://www.asahi.com/politics/update/0713/TKY200907130179.html
衆院21日解散、8月30日投開票 政府・与党が合意

 政府・与党は13日昼、首相官邸で幹部協議会を開き、衆院選挙を8月30日に実施する方向で合意した。7月21日に衆院を解散し、8月18日に公示する見通しだ。出席者の1人が明らかにした。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090713-OYT1T00543.htm?from=top

衆院選8月30日投開票、麻生首相が解散決断
2009政権選択

 政府・与党は13日、衆院解散・総選挙の時期を巡って、麻生首相と与党幹部による会談を相次いで行った結果、解散を来週以降に先送りし、衆院選を「8月18日公示―同30日投開票」の日程とすることを決めた。

 首相は、週内に解散を踏み切る方向で与党と調整したが、与党内の先送りの声が強く、妥協した。解散は21日以降となる。

 首相は13日午前11時、首相官邸で自民党の細田幹事長、大島理森国会対策委員長と会談。引き続き、同日正午から緊急の党役員会を開催。その後、公明党の太田代表らとも協議した。

 これに先立ち、大島氏は記者団に、「北朝鮮貨物検査特別措置法案はぜひ成立させなければならない」と述べ、首相に解散先送りを進言する可能性を示唆した。
(2009年7月13日12時42分  読売新聞)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2009071300341
21日解散、来月30日投開票=衆院選日程で合意-政府・与党

 麻生太郎首相は13日午後、首相官邸で与党幹部と会談し、連休明けの今月21日に衆院解散を断行し、衆院選の日程を「8月18日公示-同30日投開票」とすることで合意した。首相は「貨物検査特別措置法案など重要法案が残っており、全力を挙げて成立させてほしい。しかるのち来週早々に民意を問うことにしたい」と表明した。
 首相は当初、14日にも解散に踏み切り、「27日公示-8月8日投開票」の日程を模索していた。この時期の解散を見送れば、「麻生降ろし」が一気に加速すると判断。直ちに解散に打って出ることで、主導権を確保する狙いがあった。しかし、東京都議選の自民党惨敗を受け、同党内や公明党では衆院選先送りを求める声が大勢となっており、首相もこうした意見に配慮して投開票日を遅らせることで妥協したとみられる。
 首相は13日、官邸で自民党の細田博之幹事長、大島理森国対委員長、公明党の太田昭宏代表、北側一雄幹事長らと相次いで会談し、解散断行への理解と協力を求めた。太田氏は「総選挙ということなら、自公一致して頑張っていこう」と応じ、選挙日程を受け入れる考えを示した。
 首相は12日夜、河村建夫官房長官に電話で「自分が解散することに変わりはない。党内の意見を集約してくれ」と指示。これを受けて河村長官は、各派閥の幹部に首相の意向を伝えた。
 一方、衆院選へ自信を深める民主党は13日午後、鳩山由紀夫代表ら幹部による協議後、社民、国民新両党との3党幹事長会談を開く。自民党内情勢を分析するとともに、内閣不信任決議案の提出時期について最終調整する。鳩山氏は同日午前、不信任案提出と併せて検討している参院への首相問責決議案提出について「同時でなければならないということでもない」と記者団に語り、時期をずらすことを示唆した。 (2009/07/13-13:32)

« 【麻生政権考】尊重すべき天皇の国事行為 | トップページ | 雑記(87)くるま百合の花 »

「国内情勢」カテゴリの記事