無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【土・日曜日に書く】政治部・阿比留瑠比 愚直に信を問うてほしい | トップページ | 陸自50年ぶり大改編案 対テロ首都防衛集団 総隊に指揮一元化 »

2009年7月27日 (月)

民主・岡田幹事長、消費税上げ議論否定せず

民主党は消費税問題もブレたか。これらはブレと表現されるが、実は裏切りというほうがただしいのではないか。(高田)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090726-OYT1T00628.htm
民主・岡田幹事長、消費税上げ議論否定せず

 民主党の岡田幹事長は26日、衆院選後に民主党が政権を獲得した場合、消費税率の引き上げのための議論を政権誕生から4年以内に行う考えを示した。

 同党は消費税率引き上げの議論を4年間は凍結する方針を示していたが、これを軌道修正した形だ。

 消費税率を巡っては、同党の鳩山代表が5月の代表選で、「4年間は議論の必要はない」と主張していた。これについて岡田氏は26日、岡山市で記者団に対し「(鳩山氏は)最近はそう言っていない。経済状況がこれだけ厳しい中で消費税引き上げの議論をすべきではないが、4年間(議論を)すべきでないということでは決してない」と語り、引き上げの論議は必要だとの認識を示した。

 ただ、岡田氏は「引き上げるときはあらかじめ政権公約(マニフェスト)に書いて、国政選挙で国民の審判を経る。この任期の間に上げることはない」と述べた。民主党が27日に発表する、衆院選のマニフェストでは、年金制度改革の項目の中に「消費税を財源とする最低保障年金を創設する」との記述があるものの、消費税率引き上げについては言及していない。

 同党の藤井裕久最高顧問も26日のテレビ朝日の番組で「4年間議論さえするなというのは全く間違いだ。(将来の税率引き上げは)当たり前だ」と指摘した。

 一方、鳩山氏は26日、新潟市などで街頭演説し、「事務次官会議を廃止し、閣議を国民のための政策を作り上げる場に変えていく」と述べ、閣議に先立って開かれる事務次官会議を廃止する考えを示した。
(2009年7月27日01時12分  読売新聞)

« 【土・日曜日に書く】政治部・阿比留瑠比 愚直に信を問うてほしい | トップページ | 陸自50年ぶり大改編案 対テロ首都防衛集団 総隊に指揮一元化 »

「国内情勢」カテゴリの記事