無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 陸自、最高司令部「陸上総隊」新設へ  | トップページ | 北朝鮮核めぐり、首相が核武装論に言及 日韓首脳会談時 »

2009年7月31日 (金)

F22、生産中止へ=下院も可決、日本導入困難に-米

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009073100132
F22、生産中止へ=下院も可決、日本導入困難に-米

 【ワシントン時事】米下院は30日、日本が次期主力戦闘機(FX)の候補に挙げているF22の追加調達費を認めず、生産中止の経費や予備エンジン製造費に振り替える修正条項を盛り込んだ2010会計年度国防予算歳出法案を可決した。上院も追加調達しないことを可決しており、F22の生産中止は決定的になった。
 下院は先に12機分の新規購入を盛り込んた国防予算権限法案を可決していたが、その歳出は認められないことになった。日本が購入する条件は極めて厳しくなり、機種選定に影響するのは必至だ。
 オバマ大統領が追加調達には拒否権を行使すると宣言したのを受け、国防歳出小委員会のマーサ委員長(民主)が修正法案を出していた。 
 修正条項は、追加調達しない代わりに生産ラインを止める経費として約6400万ドル(約61億円)、F22とC17輸送機の予備エンジン調達費1億3880万ドル(約132億円)などを計上。歳出法案にはF22の輸出禁止条項が例年通り盛り込まれた。
 両院は国防総省に輸出可能性の検討を要求することを盛り込んだ国防予算権限法案を可決しているが、同省は輸出に反対している。生産ラインの再開経費を含めると輸出仕様は1機当たり250億円以上になるとみられている。(2009/07/31-08:23)

« 陸自、最高司令部「陸上総隊」新設へ  | トップページ | 北朝鮮核めぐり、首相が核武装論に言及 日韓首脳会談時 »

「国内情勢」カテゴリの記事