無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 船舶検査法案:30日閣議決定へ 今国会成立目指す | トップページ | 朝鮮新報〈論調〉 米国は国際的な核拡散の張本人 »

2009年6月18日 (木)

北朝鮮、攻撃対象は日本 訪朝の米専門家が指摘

http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009061801000215.html

北朝鮮、攻撃対象は日本  訪朝の米専門家が指摘

 【ワシントン17日共同】今年1月に北朝鮮を訪問した米国の朝鮮半島問題研究者、国際政策センターのセリグ・ハリソン氏は17日、米下院外交委員会の公聴会で証言し、北朝鮮が戦争状態に陥った場合、韓国ではなく日本を攻撃するとの見方を明らかにした。

 金正日総書記の健康状態悪化後、「反日感情が強く国粋主義的で、海外経験のない若手将校らが政権内で立場を強めた」ことが理由だという。ハリソン氏は取材に対し、訪朝時に知り得た「政権内の傾向」からの類推だと説明した。

 証言でハリソン氏は、若手将校らは金総書記が2002年に日本人拉致を認め「謝罪したことに憤慨」しており、「日本と紛争になった場合の北朝鮮の能力を非現実的に(高く)評価し、他の高官らを憂慮させている」と述べた。

 ハリソン氏は日本による植民地化の歴史が背景にあると指摘、「国連制裁の結果、事態が悪化した場合、北朝鮮は報復として韓国ではなく日本か在日米軍基地を攻撃するだろう」と予測した。

« 船舶検査法案:30日閣議決定へ 今国会成立目指す | トップページ | 朝鮮新報〈論調〉 米国は国際的な核拡散の張本人 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事