無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 公海上の貨物検査、特措法を検討 対北朝鮮制裁 | トップページ | 船舶検査法、協議に応じる=「解散と切り離す」-民主 »

2009年6月12日 (金)

イラク駐留海兵隊、来春に完全撤退=アフガンへ転戦-米司令官

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009061200571
イラク駐留海兵隊、来春に完全撤退=アフガンへ転戦-米司令官

 【ワシントン12日時事】コンウェイ米海兵隊総司令官は11日、ワシントン市内で講演し、2010年春を目標にイラク駐留米海兵隊を完全に撤退させることを明らかにした。海兵隊は現在、約1万6000人が西部アンバル州を中心に駐留している。
 コンウェイ司令官は「アフガニスタンに海兵隊を増派するなら、イラクから撤退させなければならない」と述べ、2正面で戦うには限界があることを認めた。
 また、30人程度の部隊はイラク軍とともに南部バスラの石油施設とウンムカスル港を警備するために、残留する。(2009/06/12-14:51)

« 公海上の貨物検査、特措法を検討 対北朝鮮制裁 | トップページ | 船舶検査法、協議に応じる=「解散と切り離す」-民主 »

「国際情勢」カテゴリの記事