無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« イラク駐留海兵隊、来春に完全撤退=アフガンへ転戦-米司令官 | トップページ | 船舶検査法、共産は不要=社民慎重、国民新は前向き »

2009年6月14日 (日)

船舶検査法、協議に応じる=「解散と切り離す」-民主

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009061300372
船舶検査法、協議に応じる=「解散と切り離す」-民主

 民主党は13日、政府・自民党が検討している北朝鮮関係船舶の貨物検査を可能にする特別措置法案について、今国会での成立に向けて与党との協議に応じる方針を決めた。協議を拒めば、対北朝鮮政策で党の姿勢が問われかねないとの判断に加え、法案成立が遅れて衆院解散がずれ込む事態を避ける狙いもあるとみられる。
 鳩山由紀夫代表は同日夜、国連安全保障理事会が採択した北朝鮮に対する制裁決議について、千葉市内で記者団に「極めて尊重されるべきだ」と強調。決議を踏まえた貨物検査に関する特措法案への対応に関し「必要なら民主党も協力する」と表明。「解散とは切り離し、当然行うべき喫緊の課題ではないか」と語った。 
 直嶋正行政調会長も同日、法整備に関し「与野党の立場を超えて、協議に応じる」との談話を発表した。
 ただ、民主党内には、自衛隊の任務拡大が想定される特措法整備には慎重な意見もある。社民党が強く反対する可能性もあり、野党間と党内調整は難航も予想される。(2009/06/13-22:27)

« イラク駐留海兵隊、来春に完全撤退=アフガンへ転戦-米司令官 | トップページ | 船舶検査法、共産は不要=社民慎重、国民新は前向き »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事