無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 朝鮮新報〈論調〉 米国は国際的な核拡散の張本人 | トップページ | 北朝鮮船舶への貨物検査/現行法での対応を/志位委員長 »

2009年6月18日 (木)

参院委、海賊対処法案を否決=あす再可決・成立へ

2本日、参院外防委で否決した。あす、参院総会で否決したのち、衆院で3分の2での再可決だ。10数回目の3分の2行使だ。事実上、自公与党体制下での最後の再可決である。
私たち5・3集会実行委員会は本日12:30から参院議員会館前集会を開いた。約100名の人びとが参加した。海賊法反対、憲法審査会規程強行抗議、北朝鮮臨検特措法反対の声が国会前で響き渡った。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009061800050
参院委、海賊対処法案を否決=あす再可決・成立へ

 参院外交防衛委員会は18日午前、麻生太郎首相が出席し、海賊対処法案の締めくくり質疑を行った。首相は「われわれの生命、財産が(海賊に)襲われる確率が極めて高いという状況に対応するのは当然だ」と述べ、同法案の必要性を改めて強調した。谷岡郁子氏(民主)への答弁。この後採決が行われ、野党の反対多数で否決された。
 同法案は、19日の参院本会議でも否決される見通しだが、同日中に衆院で与党の3分の2以上の賛成で再可決され、成立する運びだ。 
 アフリカ・ソマリア沖で実施している海賊対策で、同法案は、海上自衛隊の護衛艦による保護対象を日本と関係のない外国船舶まで拡大。また、武器使用基準を緩和し、停船のための船体射撃も可能とした。(2009/06/18-12:32)

« 朝鮮新報〈論調〉 米国は国際的な核拡散の張本人 | トップページ | 北朝鮮船舶への貨物検査/現行法での対応を/志位委員長 »

民衆の運動」カテゴリの記事