無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 選挙向け、民主に反論マニュアル本…自民が所属議員に配布 | トップページ | 雑記(80)あじさいの花 »

2009年6月 8日 (月)

「対北、戦うべき時は覚悟を」…麻生首相が演説

麻生太郎の「首相」としてのこの演説は全くもって不適切きわまりない。憲法第9条をもつ国の首相としては絶対に言ってはならないことだ。
「戦うべきときは戦う」などと大向こう受けする威勢のいいことをブチ挙げたが、国際紛争を武力で解決しない、国の交戦権を認めないとした第9条違反であることは明白だ。まさに麻生太郎の舌禍事件だ。こうした発言を放置すれば、次第に蔓延していく。首相として大事なことは「如何にして戦争を防止するか」に尽きる。「戦う」ことの結果、どのような惨害が日本と東北アジアの人びとにもたらされるのかも考えない、軽薄な発言だ。この程度の発言しかできない麻生太郎は、この一言だけでも、首相失格だ。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090607-00000588-yom-pol

「対北、戦うべき時は覚悟を」…麻生首相が演説

6月7日19時31分配信 読売新聞
 麻生首相は7日、東京都議選(7月12日)の立候補予定者の応援で訪れた武蔵野市のJR吉祥寺駅前で街頭演説し、弾道ミサイルの発射準備を進める北朝鮮に関し、「戦うべき時は戦わねばならない。その覚悟を持たなければ、国の安全なんて守れるはずがない」と述べ、制裁強化などで圧力を強める姿勢を強調した。

 また、民主党が海賊対処法案に反対していることについて、「ソマリア沖を通って日本にものを運んでくる船が海賊に襲われる。守るのが当たり前だ。どうしてこれが反対か理解できない」と批判した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009060802000070.html
『戦うべき時は戦う』 北朝鮮問題で首相

2009年6月8日 朝刊
 麻生首相は七日、都内での街頭演説で、北朝鮮の核・ミサイル問題について「核爆弾を持ち、運べる能力も持っている。それを敵国の日本に撃つ意欲があると、本人(北朝鮮)が言っている。そういう国が隣にあって、どうして安心していられるのか」と述べた。

 そのうえで「われわれは戦うべき時は戦う、という覚悟だけは持たなければ、国の安全を守れるはずがない。自民党はその覚悟で、事を進めようとしている」と述べた。

 民主党の安全保障政策や海賊対処法審議への対応を批判し、日米同盟の重要性を訴える中で言及した。

◆都議選の応援 首相本格始動

 麻生首相は七日、東京都議選の応援活動を本格的にスタートさせた。この日だけで自民党の立候補予定者の事務所を五カ所回り、「今後もできる限り足を運びたい」(周辺)意向だ。

 異例ともいえる力の入れようは、自民党が都議選を衆院選の行方を占う「前哨戦」と位置付けているためだ。

 首相は、八王子市や立川市などの事務所を訪問。数百人の有権者に向かって立候補予定者への支持を呼び掛け、握手や記念撮影にも気軽に応じた。

 自民党が主催したJR吉祥寺駅前の街頭演説では、首相はサッカーのワールドカップ(W杯)出場を決めた日本代表を引き合いに「(都議会自民党に)スーパースターがいるわけではないが、新人を立て、古い人がまとめ、不況を戦い抜こうと一致団結してやっている」と訴えた。

http://www.asahi.com/politics/update/0607/TKY200906070177.html
首相「戦うべき時は戦う」 海賊対策・北朝鮮問題で

2009年6月7日20時15分


 麻生首相は7日、東京都内での街頭演説で、ソマリア沖の海賊対処法案に民主党が反対していることについて、「泥棒に襲われるのなら守るのは当たり前。(民主党の反対は)理解できない。自衛隊員や海上保安庁職員の安全はどう考えているんだ」と批判した。そのうえで「北朝鮮に対しても同じ。少なくとも我々は戦うべき時は戦わなければならない。その覚悟だけは持たなければ、国の安全なんか守れるはずがない」と述べ、北朝鮮問題では強い姿勢で臨むべきだとの考えを示した。

« 選挙向け、民主に反論マニュアル本…自民が所属議員に配布 | トップページ | 雑記(80)あじさいの花 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事