無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自衛隊も船舶検査、外国艦船へ給油 特措法の原案判明 | トップページ | 東北アジアの軍事的緊張を高める北朝鮮船舶臨検特措法の制定に反対する~「臨検って戦争じゃないか」 »

2009年6月17日 (水)

北がテポドン2発準備 舞水端里でも兆候 首都圏・関西で迎撃態勢

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090617/plc0906170131002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090617/plc0906170131002-n2.htm
北がテポドン2発準備 舞水端里でも兆候 首都圏・関西で迎撃態勢
北朝鮮が北西部のミサイル基地に加え、北東部の基地でも長距離弾道ミサイルの発射準備を進めていることが16日、分かった。2発ともテポドン2号かその改良型とみられる。

 南東部では中距離弾道ミサイルの発射準備が進み、防衛省は近く新型の短距離弾道ミサイルが発射されるとも分析。自衛隊のレーダーによる警戒を強化するとともに、事態が切迫してくれば迎撃態勢に入る方針を固め、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の首都圏と関西への展開を検討している。

 今回の発射準備では、5月末に長距離弾道ミサイルの機材が平壌近くの軍需工場で貨物列車に積まれたのが確認された。韓国メディアは北朝鮮北西部の平安北道(ピヨンアンプクト)東倉里(トンチヤンリ)にある新しい発射基地に搬入されたと一斉に伝えた。

 その後、日本政府などの分析で、北東部の咸鏡北道(ハムギヨンプクト)舞水端里(ムスダンリ)の基地にも長距離弾道ミサイルの機材が運び込まれた形跡があることが判明。車両や人の動きから、東倉里と同時並行で発射準備を進めているとみている。舞水端里は平成18年7月と今年4月の発射にも使われた。

 弾頭やブースター(推進エンジン)を公海上に落下させるため、舞水端里からは4月の発射時と同様、東北上空などを通過する形で東に発射。東倉里では南に発射して先島諸島周辺を通過させる可能性が高いが、こうしたコースに発射するかは不明だ。

 日本政府内には、舞水端里と東倉里のどちらかの発射準備はダミーで、日米の情報収集活動を攪乱(かくらん)する陽動作戦との見方もある。だが、防衛省は両基地から発射されるとの前提で対処方針を検討している。今週に入り、地上レーダーのFPS-5とFPS-3を弾道弾探知モードに移行させた。

ミサイル防衛(MD)システムでの迎撃態勢は、海上配備型迎撃ミサイル(SM3)搭載のイージス艦を日本海に配置するが、4月と同様にPAC3の展開地が焦点。前回はミサイルの飛行コース通告を受け、PAC3を首都圏と東北に展開させた。今回は通告はない見通しで、より難しい判断を迫られるが、重要防護拠点の首都圏と関西への展開案が有力だ。

 南東部の江原道(カンウオンド)旗対嶺(キテリヨン)の基地では、ノドンとみられる中距離弾道ミサイルの発射準備も進められ、3基地からの連続発射も懸念される。その場合、日本を飛び越える長距離弾道ミサイルよりも弾頭落下の恐れが強く、MDでの主たる迎撃対象でもあるノドンの対処に集中すべきだとの見方が大勢で、迎撃に向けた政治決断と日米連携の検討も急務になる。

     ◇

 北朝鮮の弾道ミサイル 中距離弾道ミサイルは日本のほぼ全域に届くノドン(射程1300キロ)を200発配備。新型(同3000キロ以上)の配備も進める。長距離のテポドン2号(同6000キロ)は1段目に新型ブースター、2段目にノドンを利用している。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009061790110202.html
舞水端里にミサイル運搬か テポドン2号改良型と推定

2009年6月17日 11時02分

 【ソウル17日共同】17日付の韓国紙、朝鮮日報は、北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の改良型と推定される物体が最近、日本海側の北東部咸鏡北道舞水端里のミサイル発射施設に運び込まれた可能性があると報じた。韓国政府消息筋の話として伝えた。

 黄海側の北西部平安北道東倉里に建設中の発射施設には同改良型とみられる物体が運搬されたことが確認済み。報道が事実なら、北朝鮮が4月の弾道ミサイル発射に使った舞水端里の施設でも同時に、弾道ミサイル発射準備を行っていることになる。

 同紙によると、東倉里の施設への運搬に使われたのと同じミサイル運搬用列車が最近、平壌近郊の兵器研究所から舞水端里の施設へ移動したのを米偵察衛星がとらえた。列車は舞水端里に数日間停車した後、再び平壌近郊に戻った。

 同兵器研究所では昨年末までに、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の長距離弾道ミサイル計3~4基を製造したと推定されるとの情報もあり、米韓当局が情報収集に力を入れている。

« 自衛隊も船舶検査、外国艦船へ給油 特措法の原案判明 | トップページ | 東北アジアの軍事的緊張を高める北朝鮮船舶臨検特措法の制定に反対する~「臨検って戦争じゃないか」 »

「国際情勢」カテゴリの記事