無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 敵基地攻撃論は違憲/民放番組 笠井議員が主張 | トップページ | 貨物検査に「軍事的対応」=北朝鮮党機関紙、対日警告 »

2009年6月30日 (火)

田母神俊雄・前航空幕僚長 inヒロシマ

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090629/trd0906292149014-n1.htm
2009.6.29 21:45
田母神俊雄・前航空幕僚長 

 懸賞論文への投稿が発端で更迭された元航空幕僚長、田母神俊雄氏を原爆記念日(8月6日)に広島市に招き開催予定の講演会について、同市の秋葉忠利市長が、被爆者や遺族の悲しみを増す恐れがあるとして日程変更を29日、文書で要請した。主催者側は予定通り実施する構えだが今後、憲法の「集会の自由」が脅かされ、「言論封殺」と批判された“田母神事件”が再燃する恐れも出てきた。

 この講演会は日本会議広島などが計画した「ヒロシマの平和を疑う~田母神俊雄氏が語る、広島発真の平和メッセージ」。5月に中国の核実験の被害をテーマに講演会を開催。日本が唯一の被爆国でなく、共産圏の核に日本の反核団体が寛容であることへの疑問を踏まえ、いかに核の惨禍を回避するか--として同氏の講演会を企画したという。

 秋葉市長名で田母神氏らに届いた文書では「貴殿が何時何処で何を発言するかは自由で当然の権利」としながらも、(1)8月6日は市内が慰霊と世界の恒久平和への祈りで包まれる(2)田母神氏がこうした演題で講演するのは被爆者や遺族の悲しみを増す結果となりかねない(3)原爆記念日の意味は表現の自由と同様に重要-などを市の立場として日程変更を検討するよう求めた。

 主催者側は、これまでも講演会のチラシ配布を市の外郭団体に依頼したが、市の政策方針に反するなどとして断られた、としており「私達は市長以上に核廃絶を願っている。北朝鮮や中国の核実験が問題になるなか、真の平和のためどうすればいいのか、という趣旨の講演会がなぜふさわしくないのか全く理解できない」と話している

« 敵基地攻撃論は違憲/民放番組 笠井議員が主張 | トップページ | 貨物検査に「軍事的対応」=北朝鮮党機関紙、対日警告 »

「国内情勢」カテゴリの記事