無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自民、敵基地攻撃能力保有を了承 予防的先制攻撃は行わず | トップページ | 昼休みデモ »

2009年6月 9日 (火)

次期主力戦闘機、F35を日本に推奨 米国防総省報道官

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090609AT2M0901009062009.html
次期主力戦闘機、F35を日本に推奨 米国防総省報道官

 【ワシントン=弟子丸幸子】米国防総省のモレル報道官は8日の記者会見で、日本の次期主力戦闘機(FX)選定について、米英など9カ国が共同開発する最新鋭戦闘機F35を日本政府に推奨したと言明した。「日本が将来調達する航空機として、我々が薦めるのはF35だ」とし、ゲーツ米国防長官が浜田靖一防衛相に同様の見解を伝えたことも認めた。米政府が日本のFX選定を巡り、推奨する戦闘機を公式の場で語ったのは初めて。

 モレル報道官は日本が期待を寄せる最新鋭のステルス戦闘機F22に関して「輸出を禁じる米国内法(オビー修正条項)がある」「日本のような良い同盟国に我々が(F22を)提供したいとしても、できないのが現実だ」などと述べた。

 浜田防衛相は9日の閣議後の記者会見で「ゲーツ長官からも(F35を推薦すると)言われている」と、米側から打診があったことを確認した。同時に「基本はまだF22を追求していきたい」とも述べ、F22調達を目指す方針に変わりがない考えを示した。 (14:56)

« 自民、敵基地攻撃能力保有を了承 予防的先制攻撃は行わず | トップページ | 昼休みデモ »

「国内情勢」カテゴリの記事