無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「民法の成人も18歳が適当」、法制審部会が最終報告案 | トップページ | 弁護士ルース氏指名へ=オバマ大統領の選挙に貢献-駐日米大使 »

2009年5月19日 (火)

ソマリア海賊:海自派遣 不審船攻撃情報、海自ヘリが出動

艦載ヘリの出動は初めてだが、すでに4回行われた外国船の警護を目的とした海自艦の出動につづくこれは5回目の駆けつけ警護活動だ。外国船の警護は船員法の適用などと弁解しても、明らかに今回の海自派遣の根拠法である自衛隊法82条からの逸脱であり、武力の行使を禁じた9条違反を覚悟の上での出動になる。相手が国ではなく、海賊だから9条違反にはならないなどという詭弁を容認することはできない。(高田)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090519ddm041010047000c.html
ソマリア海賊:海自派遣 不審船攻撃情報、海自ヘリが出動

 防衛省は18日、東アフリカ・ソマリア沖の海賊対策に派遣された海上自衛隊の派遣部隊が、「小型船に攻撃や追跡を受けているタンカーがいる」という情報を得て、艦載ヘリコプターを現場に出動させたと発表した。結局不審船は見つからず、まもなくヘリは現場を離れたという。

 不審船情報への対応は5回目で、情報源は同種活動中の他国海軍だった模様だ。

 攻撃内容や被害状況について同省は「詳しいことは確認しないとわからない」と話している。

 防衛省によると、18日午後5時45分(現地時間午前11時45分)ごろ、アデン湾で護衛活動中、西南西約90キロのマルタ船籍のタンカーが「30分にわたり小型船舶から攻撃および追跡を受けている」という情報を入手した。【本多健】

« 「民法の成人も18歳が適当」、法制審部会が最終報告案 | トップページ | 弁護士ルース氏指名へ=オバマ大統領の選挙に貢献-駐日米大使 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事