無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 警戒衛星で研究費 10年度予算 政府が計上検討 | トップページ | 在沖海兵隊グアム移転に375億円=MDの東欧配備費を凍結-米 »

2009年5月 8日 (金)

重大事件で海賊拘束なら、ジブチ経由で日本に移送 政府方針

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090508AT3S0102Z07052009.html
重大事件で海賊拘束なら、ジブチ経由で日本に移送 政府方針

 政府はアフリカ・ソマリア沖の海賊対策について、日本人に殺害などの重大事件を引き起こした海賊の身柄を拘束した場合、ジブチ経由で日本に移送し、刑事手続きに入る方針を固めた。武装した海賊の身柄拘束は「交戦状態を引き起こしかねない」とみて慎重に対処する方針だが、邦人の権益を著しく損なう犯罪なら日本国内での司法手続きを最優先する考えだ。

 政府が想定するのは、海賊の民間船舶の襲撃で日本人が傷害や殺害などの危害を受けるケース。海上自衛隊の護衛艦が現場海域に到着し、護衛艦に同乗する海上保安官が海賊の身柄を拘束できた場合は、護衛艦に搭載した哨戒ヘリコプターを使ってアフリカ東部のジブチ空港に空輸。同空港経由で民間航空機などで日本に移送する方針だ。(07:00)

« 警戒衛星で研究費 10年度予算 政府が計上検討 | トップページ | 在沖海兵隊グアム移転に375億円=MDの東欧配備費を凍結-米 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事