無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【憲法記念日特集】「小沢君は変貌した」 中曽根元首相インタビュー | トップページ | 「私、憲法です。リストラになるってホントですか?」 »

2009年5月 2日 (土)

【憲法記念日特集】改憲議員同盟が決議「憲法審査会の早期始動を

明文改憲を口にできなかった麻生首相の施政方針演説などにたいする危機感をもった改憲派の動きが活性化している。衆院議運での憲法審査会規程制定への動きや、総務省のリーフレットといい、青年会議所の全国でのタウンミーティングの取り組みもこうしたものだ。これをぜひとも多くの人びとに伝えて、私たちの運動をつよめなくてはならない。まずは、明日の5・3憲法集会を大きく成功させることだ。本日の朝日新聞の世論調査の9条支持の多さも心強いデータだ。(高田)
【憲法記念日特集】議員同盟が決議「憲法審査会の早期始動をhttp://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090501/plc0905012020013-n1.htm

超党派の国会議員らでつくる「新憲法制定議員同盟」(会長・中曽根康弘元首相)は1日、東京・永田町の憲政記念館で「新しい憲法を制定する推進大会」を開いた。大会には自民党の細田博之幹事長ら各党や経済界の代表ら約1000人が参加し、「一日も早く国会における憲法審査会の活動が始められ、新しい憲法制定に向けて国会での議論が開始されることを強く願う」と、憲法審査会の早期始動を求める大会決議を採択した。

 中曽根氏は「憲法改正は国家百年の大計だ。初めて日本の国民が、民主的に自分たちで憲法を制定する歴史的大事業に皆さん参画してほしい。日本の歴史に耐え得るような立派な憲法を一緒に作り上げたい」とあいさつした。

 河村建夫官房長官は、現憲法が一度も改正されていないことについて「第2次世界大戦で日本と同様に敗戦したドイツは戦後、社会・経済情勢の変化に対応して(憲法にあたる基本法を)40回以上改正したのに比べ、いかにも不自然な感を免れ得ない」と述べた。

 細田氏は憲法審査会規定の早期の制定の必要性を強調した。民主党の長島昭久副幹事長は「民主党は憲法改正の実現が党是だが、あまりにも野党共闘に気を使い過ぎて、審査会規程の制定に後ろ向きの印象を与えていることを皆さんにおわびしたい。一日も早く党のこういう状態を乗り越えていかなければならない」と述べた。  (原川貴郎)

« 【憲法記念日特集】「小沢君は変貌した」 中曽根元首相インタビュー | トップページ | 「私、憲法です。リストラになるってホントですか?」 »

改憲動向」カテゴリの記事