無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 対ソマリア沖海賊 海自警護平均3隻 不況で運航減・日程も合わず | トップページ | 水島朝穂さんの「憲法改正手続法の附帯決議について」 »

2009年4月22日 (水)

憲法記念日前の憲法審査会正式設置目指す 与党幹部が確認

与党のこうした動きを許してはならない。昨日、私たちは総務省の改憲キャンペーンのパンフレットに抗議する院内集会を開いた。(高田)

0072



http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090422/stt0904221004004-n1.htm
憲法記念日前の憲法審査会正式設置目指す 与党幹部が確認
2009.4.22 10:02

 自民、公明両党の幹事長政調会長、国対委員長が22日午前、都内のホテルで会談し、「憲法審査会」の正式な設置を早急に進めることを確認した。5月3日の憲法記念日までの発足を目指す。

 衆参各院の憲法審査会は、憲法改正手続きを定める国民投票法に基づき、平成19年8月に形式上は設置されたが、委員数や議事手続きを定める「審査会規程」が民主党など野党側の消極的な姿勢から制定されていない。自民党の細田博之幹事長は会談後、記者団に「設置を早く決めて審議できるようにしなければいけない。現状を放置するのは全く理解できない」と述べた。

 また、会議では平成21年度補正予算案と関連法案の審議について、自民党の大島理森国対委員長が「われわれは5月8日の衆院通過という強い決意で臨む」と強調。このほか、臓器移植法改正案について今国会で成立をはかることを改めて確認した。

http://www.asahi.com/politics/update/0422/TKY200904220137.html
憲法審査会、今国会中の始動めざす 与党幹部が方針決定

2009年4月22日12時8分

 自民党の細田博之幹事長、公明党の北側一雄幹事長ら与党幹部は22日朝、東京都内で会談し、憲法改正に向けて問題点を議論する国会の憲法審査会について、今国会中の始動をめざす方針を決めた。細田氏が「法律が出来て、このまま放っておくわけにはいかない」と提案した。

 審査会は07年、国民投票法の成立を受けて衆参両院に設置されたが、民主党など野党は法案の採決強行に反発し、運営規程も委員数も決まっていない。与党は衆院の審査会の運営規程を単独でも設ける構えだ。憲法問題を動かし、憲法をめぐって党内に様々な意見がある民主党を揺さぶる狙いがあるとみられる。

« 対ソマリア沖海賊 海自警護平均3隻 不況で運航減・日程も合わず | トップページ | 水島朝穂さんの「憲法改正手続法の附帯決議について」 »