無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 産経【主張】北ミサイル なんのための国会決議か | トップページ | 朝雲・ 海自期待のヘリ搭載大型護衛艦「ひゅうが」が就役 »

2009年4月 1日 (水)

「救国大連合」へ覚悟 平沼氏、著書で強調

このままでは永田町の裏に消えてしまいそうな平沼が、パフォーマンスをして打ち出した平沼構想だ。安倍、中川なお、平沼の親友を持ち上げて、「憲法破壊の亡国大連合夢想」だ。(高田)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090401AT3S3101G31032009.html
「救国大連合」へ覚悟 平沼氏、著書で強調

 無所属の平沼赳夫氏が近く著書「七人の政治家の七つの大罪」(講談社)を出版する。「救国大連合を実現させるために捨て石になる覚悟を持っている」として自民、民主両党による大連立の必要性に言及。「私がするべきことは坂本龍馬のように2大政党の橋渡しをすることだ」と強調し、期待する人材として自民党の安倍晋三元首相や中川昭一前財務相、民主党の菅直人代表代行、長妻昭氏、無所属の渡辺喜美氏らの名を挙げた。(07:02)

« 産経【主張】北ミサイル なんのための国会決議か | トップページ | 朝雲・ 海自期待のヘリ搭載大型護衛艦「ひゅうが」が就役 »

改憲動向」カテゴリの記事