無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米艦から横断幕戻る 掃海艦艦長、八重山署に2009年4月9日 | トップページ | 警備強化の余波、活動海域拡大=天候安定も一因-ソマリア沖海賊 »

2009年4月12日 (日)

海自艦、不審船に注意喚起=大音響装置で、ソマリア沖-防衛省

海自がまたやった。こんなやりたい放題を許しておいていいものか。9条が泣いている。(高田)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009041100251
海自艦、不審船に注意喚起=大音響装置で、ソマリア沖-防衛省

 防衛省によると、ソマリア沖・アデン湾で11日午後3時(現地時間同日午前9時)すぎ、海賊対策のため派遣されていた海上自衛隊の護衛艦「さみだれ」が、近くにいた外国商船から「海賊から追われている」との無線連絡を受けた。さみだれは商船を追っていた小型船舶に近付き、大音量で注意喚起。商船はその場を離れ、被害はなかったという。
 さみだれは、船団護衛のため湾の西側で待機中、北西方向を航行中のマルタ船籍の商船から通報を受けた。小型船に約5.4キロまで近付き、スピーカーで「海上自衛隊だ」と呼び掛け、哨戒ヘリコプターで状況を確認。小型船が動きを止めたため、現場を離れたという。
 小型船はイエメン国旗とみられる旗を掲げ、転覆したボート1隻をえい航。海賊船かは不明という。(2009/04/11-22:33)

« 米艦から横断幕戻る 掃海艦艦長、八重山署に2009年4月9日 | トップページ | 警備強化の余波、活動海域拡大=天候安定も一因-ソマリア沖海賊 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事