無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ソマリア沖で海自始動 初任務は民間5隻護衛 | トップページ | 産経【主張】北ミサイル なんのための国会決議か »

2009年4月 1日 (水)

ミサイル迎撃は「再侵略」…北朝鮮が日本を恫喝

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899562/news/20090401-OYT1T00115.htm
ミサイル迎撃は「再侵略」…北朝鮮が日本を恫喝

 【ソウル=浅野好春】北朝鮮の朝鮮中央通信は31日、「人工衛星」名目で準備している長距離弾道ミサイル発射に関連して、日本がミサイルを迎撃した場合、北朝鮮への「再侵略」と見なし、「最も威力ある軍事的手段とあらゆる攻撃手段で日本の牙城を無慈悲に粉砕する」と恫喝(どうかつ)する記事を伝えた。

 自衛隊部隊の配備や国連安保理での論議を進めようとしている日本をけん制したものだが、部品などが日本国内に落下するのを防ぐため迎撃するケースも含めて「攻撃」すると脅しているのかは不明だ。
(2009年4月1日01時08分  読売新聞)

« ソマリア沖で海自始動 初任務は民間5隻護衛 | トップページ | 産経【主張】北ミサイル なんのための国会決議か »

「国際情勢」カテゴリの記事