無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« グアム協定批准反対4・3国会行動 | トップページ | ソマリア沖で外国船舶救助 護衛艦、“脱法行為”の疑いも »

2009年4月 4日 (土)

憲法世論調査 改正論議を再活性化すべきだ(4月4日付・読売社説)

読売の主張は鮮明である。改憲論議の活性化、集団的自衛権問題の見直し、憲法審査会の始動、などなど。
今回の読売の世論調査の結果はまったくもって読売的な見解に好都合なものとなった。昨年の調査結果に泣いた読売が何か仕掛けたのではないかと疑いたくなるような調査である。
他社の調査がでた時点で、慎重に検討したい。(高田)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20090404-OYT1T00104.htm
憲法世論調査 改正論議を再活性化すべきだ(4月4日付・読売社説)

 このままでは、憲法改正に対する政治の怠慢に国民がしびれを切らすのではないか。

 読売新聞の世論調査で憲法を「改正する方がよい」と思う賛成派は51・6%へ増加し、3年ぶりに過半数となった。「改正しない方がよい」という反対派は36・1%に減った。

 「ねじれ国会」に象徴される政治の混迷の中、憲法論議は脇に追いやられてきた。だが、改正論議を求める国民の声は、今回の調査でも根強いものがある。

 与野党は、次の総選挙に向け、改憲論議の再活性化をはかるべきだろう。

 今回の調査では、主に、憲法の安全保障条項などの見直しが必要とする意見が増加した。

 例えば、「戦力不保持」などを定めた憲法9条2項の改正が必要とする意見が増えた。さらに、条文を改正したり、新たな条文を加えたりした方がよい項目として、「積極的な国際協力」を挙げる人が増加した。

 国会では昨年末、海上自衛隊のインド洋での給油活動延長のための改正新テロ対策特別措置法が成立した。現在は、ソマリア沖の海賊対策にあたる海自派遣をめぐる新法制定の論議が続いている。

 こうした中で常に論点になるのが、政府解釈で行使を禁じている集団的自衛権の問題だ。

 今回の調査では、憲法を改正するか、あるいは憲法解釈を変更するかして集団的自衛権を行使できるようにするという回答が2人に1人に上った。また、53%が自衛隊の海外派遣全般に関する「恒久法」が必要だとしている。

 一方、衆参両院で多数派が異なる「ねじれ国会」も、憲法への関心を高めている。現在の二院制を一院制にすることや、衆参の役割や権限を見直すとした人が、合わせて7割近くに上った。

 「ねじれ国会」が審議の停滞と混乱を招いていることへの、国民の不満が背景にありそうだ。

 憲法改正賛成派は、自民支持層では54%、民主支持層では53%で、ほぼ並んでいる。とくに民主党は昨年調査比12ポイントも増えた。

 民主党は小沢代表の下、党内の亀裂を回避しようとするあまり、改正論議に背を向ける傾向が強い。だが、民主支持層のこうした意識からすれば、いつまでも議論を“封印”してはいられまい。

 2007年、国民投票法にもとづいて国会に設置された憲法審査会は、いまだ始動していない。与野党は、早期の審査開始に、もっと努力する必要がある。

(2009年4月4日01時29分  読売新聞)

« グアム協定批准反対4・3国会行動 | トップページ | ソマリア沖で外国船舶救助 護衛艦、“脱法行為”の疑いも »

改憲動向」カテゴリの記事