無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「海賊対処本部」を設置=民主が修正案 | トップページ | 海自艦、不審船に注意喚起=大音響装置で、ソマリア沖-防衛省 »

2009年4月 9日 (木)

米艦から横断幕戻る 掃海艦艦長、八重山署に2009年4月9日

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-142859-storytopic-1.html
米艦から横断幕戻る 掃海艦艦長、八重山署に2009年4月9日

 【石垣】米海軍掃海艦2隻の石垣港寄港に反対する市民が港湾区域境界の金網に掲示していた入港反対を訴える横断幕が盗まれた事件で、掃海艦の艦長が米海軍捜査機関を通じて横断幕を八重山署に渡していたことが8日、分かった。
 同署によると、掃海艦出港後の5日午後、米海軍捜査機関が八重山署に横断幕を届けた。同署は渡した艦長の所属船名や所持していた理由などの詳細は捜査中として明らかにしていない。
 現在、横断幕は署内で保管しており、同署は「引き続き米海軍の捜査機関と協力し、窃盗容疑で捜査する」としている。
 盗難に遭ったのは「いしがき女性9条の会」の縦1メートル、横3メートルの布製横断幕で、「NO WAR SHIP(軍艦はいらない)」の文字と会の名称が記されていた。製作費は5千円。
 被害届を出した同会事務局長の大島忠枝さん(64)が、同署からの通報を受け、盗難に遭った横断幕を7日午前に署内で確認した。「両端がギザギザに破れていた。たぶん取るときに有刺鉄線にかかったのだと思うが、心がずたずたに踏みにじられたという思い。悔しくて涙が出そうだった」と話す。
 地元や捜査関係者によると、港湾内カメラの映像には容姿から米兵らしい2人が3日夜に港湾区域側から現れ、4回下見をした後、午後10時-11時の間に金網によじ登り、外側の横断幕をはがして持ち去る様子が記録されていた。
 メア総領事は出港直前の5日午前11時半ごろ、記者団のインタビューに応じ、「盗難事件があるかどうかは分からないし、だれか捨てられたごみを片付けたというふうに見える」と発言しており、大島さんは「新品の横断幕をごみ呼ばわりし、何も知らないとうそをついた。謝罪してほしい」と訴えた。
 沖縄平和運動センターの山城博治事務局長(56)は「コーヒーを掛けて胸ぐらを押した男を逮捕させておいて、自分たちがやった犯罪は『分からない』で済ますのか。これで米軍の犯罪だと明らかになったので、しっかりと犯人を引き渡してほしい」と憤った。(深沢友紀)

« 「海賊対処本部」を設置=民主が修正案 | トップページ | 海自艦、不審船に注意喚起=大音響装置で、ソマリア沖-防衛省 »

民衆の運動」カテゴリの記事