無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ソマリア派兵を許すな!3・9国会前緊急集会 | トップページ | 北朝鮮ミサイル「迎撃」に難題 政府「日本飛来ならMD対象」 »

2009年3月10日 (火)

海賊対処法案を了承へ=海警行動の護衛艦派遣も-自民

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2009031000056
海賊対処法案を了承へ=海警行動の護衛艦派遣も-自民

 自民党は10日午前の外交、国防などの合同部会で、公海上のあらゆる海域で海賊行為に対する取り締まりと処罰を可能とする海賊対処法案を了承する。アフリカ・ソマリア沖での海賊対策に万全を期すためのもので、11日の与党政策責任者会議を経て、13日の閣議で決定する。
 同法案は、海賊行為を行った者は無期または5年以上の懲役、人を死亡させた場合は死刑または無期懲役に処するなどと規定。海賊には原則として海上保安庁が対処するが、特に必要がある場合は防衛相が自衛隊に出動を命じることができるとしている。
 海賊に対処する際、自衛隊は警察官職務執行法第7条に基づき、正当防衛と緊急避難の場合には武器を使用できる。また、民間船舶を狙って接近する海賊船が停船命令に応じない場合は、停船させるための武器使用も認めるとしている。
 政府はまず、現行の自衛隊法に基づく海上警備行動を13日に発令してソマリア沖に海自護衛艦2隻を派遣。その後、海賊対処法が成立、施行され次第、同法に基づく活動に切り替える方針。10日の部会では、海上警備行動に基づく護衛艦派遣も了承する。(了)
(2009/03/10-08:55)

« ソマリア派兵を許すな!3・9国会前緊急集会 | トップページ | 北朝鮮ミサイル「迎撃」に難題 政府「日本飛来ならMD対象」 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事