無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ■護衛艦「ひゅうが」型(16DDH)■ | トップページ | 北のミサイル「破壊命令」、落下に備え自衛隊に発令へ »

2009年3月20日 (金)

海賊対処法案「武器使用は任務遂行と別」内閣法制局見解

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090319-OYT1T00514.htm
海賊対処法案「武器使用は任務遂行と別」内閣法制局見解

 宮崎礼壹内閣法制局長官は19日午前の参院予算委員会で、海賊対処法案に新たに規定された「海賊行為を制止するための船体射撃」の武器使用について、自衛隊の国際平和協力活動で認められていない「任務遂行のための武器使用」とは異なるとの見解を示した。

 宮崎長官は新規定について、「海賊対処法案に準用している武器使用に関する警察官職務執行法7条1号の規定をいわば補完するものとして設けた。国連平和維持活動(PKO)などの海外派遣での警護任務における武器使用の議論に直接結びつくものではない」と語った。

 自民党の佐藤正久氏の質問に答えた。
(2009年3月19日12時27分  読売新聞)

« ■護衛艦「ひゅうが」型(16DDH)■ | トップページ | 北のミサイル「破壊命令」、落下に備え自衛隊に発令へ »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事