無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 派遣艦に死体安置所/初設置 犠牲者を想定 | トップページ | 「九条の会」事務局が学習会 »

2009年3月14日 (土)

ソマリア護衛希望2600隻…登録が殺到、調整困難か

怒るというより、笑っちゃうとはこのことか。
スエズ運河経由の航行は喜望峰廻りと比べて、日程と燃料代などから見て有利ということで、各商船は従来、採算と危険の算数で、スエズ経由を選んできた。運河の通航料と燃料がどれほど違うのかは調べていないが、スエズ経由もそれほど危険ではないということなのか。
これまで、そうやってきたが、守ってくれるというならと、すべての船が申請するのは当然のことだろう。海賊対策調整室はこんなことも考えなかったのだろうか。1回あたり2日だから、アデン湾は5日で往復できるという計算も、果たして可能なのか。気温50度といわれる熱帯の海の上での輸送船団の編成や、護衛艦の給油、ヘリなどの装備の整備などの時間を考えると間に合わないのではないか。
とにかく、派兵ありきで出発した今回の措置の本質がよく現れている事件である。新法案はこれに加えて外国船も護衛すると大見得を切ったのだから、どうなることか。懐に飛び込んできた鳥は守るのが鉄則なら、いかがするのだろうか。
産経の記事はいつもながらの軍国の妻と軍国の父である。哀しいかな。(高田)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090314-OYT1T00563.htm?from=top
ソマリア護衛希望2600隻…登録が殺到、調整困難か

 アフリカ・ソマリア沖の海賊対策で、海上警備行動の発令を受けて現地で活動を開始する海上自衛隊の護衛艦による警護を希望する船舶は、約2600隻に上ることがわかった。

 隊列を組んだ船舶の前後を、海上自衛隊の護衛艦2隻が警備にあたる「船団護衛」では、1回あたり何隻まで隊列に加えることができるか現時点ではまだ不明で、武器使用の問題だけでなく、どれだけの数の船舶を守りきれるのか不安を抱えたままの出発となる。

 護衛艦をソマリア沖に派遣することが決まった今年1月以降、国土交通省海事局に新設された「海賊対策連絡調整室」が、国内の船舶運航事業者や船舶管理会社との調整にあたり、護衛を希望する船舶の登録を求めた結果、2595隻もの登録があった。

 今回の護衛艦による警護の対象となるのは、〈1〉日本籍船〈2〉日本の事業者が運航する船〈3〉日本人が乗船している外国船――の「日本関係船」で、登録のあった隻数のうち、日本関係船は2200隻に上る

 調整室では、護衛艦が、海賊の警戒にあたるソマリア沖のアデン湾を航行する日程と、警護対象の船舶との待ち合わせ地点の連絡を防衛省から受けたうえで、改めて警護を申請してもらうとしている。

 今回、警護を希望した船舶は、アデン湾を航行する日本関係船の年間隻数にほぼ匹敵する。単純計算では1日あたり5隻以上が航行することになり、約900キロにも及ぶ海域を警護しながら航行するには、1回あたり2日間かかる見込み。

 警護する隻数は検討中だが、1回に10隻を護衛した場合、往復5日間で計20隻を警護し、4か月間とされる活動期間中に護衛できる商船は約480隻にとどまる。

 調整室の担当者は「ここまで登録が殺到するとは思わなかった。船舶会社にとって深刻な問題だと改めて思い知らされた」と語り、海自幹部は「大きさも速度も異なる商船団を護衛するのは大変なオペレーション。細部の調整が必要だ」と話している。

(2009年3月14日14時36分  読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090314-00000152-san-soci
海賊対策 海自2護衛艦出港 来月から日本船舶警護

3月14日15時43分配信 産経新聞

 ソマリア沖の海賊対策で、自衛隊法に基づく海上警備行動が発令されたのを受け、海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」(4650トン)と「さみだれ」(4550トン)が14日午後、広島県の呉基地を出港。海上警備行動による自衛隊の海外派遣は初めて。2週間余りでソマリア沖に到着し、4月上旬から日本関連船舶の警護任務を開始する。

 政府は新法「海賊対処法案」の早期成立を目指し、成立後は活動根拠を海上警備行動から新法に切り替える方針。

 2隻の護衛艦には計約400人が乗り、それぞれ哨戒ヘリコプター2機と高速ボート2隻を搭載。海賊の身柄拘束に備え司法警察権を持つ海上保安官を4人ずつ配置したほか、海賊船への射撃などに当たるため海自の特殊部隊「特別警備隊」の隊員も乗り組む。


 防衛省の実施要領などによると、海賊が多発するアデン湾の東西に護衛艦と民間船舶の合流地点を設け、船団の前後を護衛艦が挟み、哨戒ヘリで警戒しながら約2日間で通過する。

 海上警備行動での警護対象は日本船籍、日本人、日本の荷物を運ぶ外国船などの日本関連の船舶に限られ、防衛省は国土交通省を通じて警護希望を取りまとめる。武器使用は警察官職務執行法が準用されるため、海賊側に危害を与える射撃は正当防衛か、緊急避難の場合に限られる。

 2隻はジブチ、イエメン、オマーンを補給拠点とし、新テロ対策特別措置法に基づきアフガニスタンのテロ掃討作戦に参加する各国艦船にインド洋で給油活動中の海自補給艦からも給油を受ける。防衛省はP3C哨戒機の派遣準備も進める。

 出港に先立ち、呉基地では麻生太郎首相出席のもと式典が行われ、乗組員の家族約1200人が隊員らを見送った。さみだれ乗組員の妻(39)は「不安だけど、夫の帰国を信じて待つ。とにかく体に気をつけてほしい」と緊張の面持ち。別の乗組員の父親(65)は「国のために頑張ってほしいという思い。息子を誇りに思います」と話していた。

« 派遣艦に死体安置所/初設置 犠牲者を想定 | トップページ | 「九条の会」事務局が学習会 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事