無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「衛星」発射なら制裁強化=対北、全面禁輸など-政府方針 | トップページ | ミサイル迎撃態勢を閣議決定へ 防衛相、月内にも命令 »

2009年3月18日 (水)

「空母型」新護衛艦が就役=海自最大、

自衛隊は、専守防衛をかなぐり捨て、いよいよ海外で戦うことのできるヘリ空母級軍艦を持った。憲法9条が破壊されつつある。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
「空母型」新護衛艦が就役=海自最大、初めて女性乗艦-横浜

 海上自衛隊の新型ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」(基準排水量13950トン)が完成し、防衛省への引き渡し式が18日午前、横浜市のアイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド横浜工場で行われた。1万トンを超える初の護衛艦で、艦首から艦尾まで甲板がつながる空母に似た船体だが、同省は「戦闘機は発着せず、憲法が禁じる攻撃型空母ではない」と強調している。
 海自はこれまで、女性自衛官の護衛艦勤務を制限してきたが、ひゅうがには初めて女性17人が乗艦。相次ぐ不祥事の背景となった人材不足を解消するのが目的で、専用の居住区画を確保した。
 ひゅうがは全長197メートル、最大幅33メートルで、建造費は約1050億円。ヘリ搭載護衛艦「はるな」の後継として、横須賀基地(神奈川県)に同日中に配備される。洋上に長期間滞在でき、災害派遣時の人員、物資輸送など自衛隊の本来任務となった海外派遣に対応する。(2009/03/18-10: 43)

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090318/plc0903181052005-n1.htm
空母型”新護衛艦が完成 海自最大級の「ひゅうが」
2009.3.18 10:51

 海上自衛隊で初の“空母型”ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」(13、950トン)が完成し、18日、横浜市磯子区の造船所で海自に引き渡された。

 全長197メートル、乗組員約340人。これまで護衛艦で最大だったイージス艦「あしがら」(7、700トン)などを大きく上回る海自最大級の艦艇。空母のような広い甲板では、同時に3機の哨戒ヘリが発着可能。艦内には大きな格納庫を備え、最大で11機のヘリを搭載できる。

 護衛艦では初めて女性隊員の居室を設置、幹部2人を含む17人が乗り組む。これまでは女性隊員の勤務を補給艦など後方支援を行う艦に限定していた。

 ひゅうがは第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)に配備。海上防衛の中枢艦として活動、大規模災害でも出動する。

 政府は憲法上「攻撃型空母の保有は許されない」との見解を表明している。空母に似た外観だが、海自は「ヘリ運用能力は向上した設計だが、攻撃機を搭載する能力がなく、空母ではない」と説明している。

« 「衛星」発射なら制裁強化=対北、全面禁輸など-政府方針 | トップページ | ミサイル迎撃態勢を閣議決定へ 防衛相、月内にも命令 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事