無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ソマリア海賊:海自派遣 護衛艦に特別警備隊員が乗艦 | トップページ | 海賊新法の成立 今国会で目指す 超党派議連一致 »

2009年3月 4日 (水)

インド洋の補給艦から給油も=ソマリア沖海賊対策で活動計画-防衛省

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009030400488
インド洋の補給艦から給油も=ソマリア沖海賊対策で活動計画-防衛省

 防衛省は4日、海賊対策のためソマリア沖に派遣する海上自衛隊の護衛艦の活動計画をまとめ、与党海賊対策プロジェクトチーム(PT)に提示し、了承された。派遣するのは哨戒ヘリ2機ずつを搭載した護衛艦2隻で、必要な場合には、新テロ対策特別措置法に基づきインド洋に派遣されている補給艦から給油を受けるとしている。
 政府は10日にも、海賊対策の新法案を閣議決定する方針で、法案提出後、直ちに安全保障会議を開いて自衛隊法に基づく海上警備行動を発令し、14日に護衛艦を出港させる予定。
 護衛艦の乗員は各艦約200人ずつの計約400人で、各艦に海上保安官4人ずつが乗り込み、逮捕や取り調べなどの司法警察業務を遂行する。護衛艦は、国土交通省に申請した日本籍や日本人が乗船する外国籍などの船舶を対象に、海賊被害が多発するアデン湾を通過するまでを護衛するとしている。 
 政府はまた、海賊行為をした者を無期または5年以上の懲役に、人を死亡させた時には死刑または無期懲役とするなどとした海賊対策の新法案骨子もPTに示し、了承された。(了)
(2009/03/04-13:32)

« ソマリア海賊:海自派遣 護衛艦に特別警備隊員が乗艦 | トップページ | 海賊新法の成立 今国会で目指す 超党派議連一致 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事