無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 海賊対処法案:「海賊・テロ防止支援特別委」に名称変更 | トップページ | 海賊対策、ジブチ駐留で協定 政府、月内にも締結 »

2009年3月20日 (金)

ソマリア沖、30日から護衛開始 防衛省が予定早め

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009031901000788.html
ソマリア沖、30日から護衛開始 防衛省が予定早め

2009年3月19日 18時07分

 ソマリア沖の海賊対策で、防衛省は19日、海上自衛隊の護衛艦2隻によるアデン湾での民間船舶の護衛任務を30日ごろから始めると発表した。当初は4月上旬の開始を目指していたが、予定より早く到着できる見通しとなり、護衛も前倒しでスタートさせる。

 国土交通省も19日から、護衛を希望する運航会社などから申請の受け付けを開始。日本船籍や日本人、日本の荷物を運ぶ外国船など「日本関連船舶」の要件を満たしているか審査し、防衛省に伝える。護衛対象の数に上限は設けない方針。

 防衛省によると、護衛艦は中継地で給油をしながら、海賊が多発するアデン湾に向かう。到着後はオマーンなど周辺国に寄港せずに任務を開始。アデン湾に設けられた東西の合流地点のうち東側で民間船舶と合流、最初の護衛を始め、約900キロ西まで警戒しながら通過する。
(共同)

« 海賊対処法案:「海賊・テロ防止支援特別委」に名称変更 | トップページ | 海賊対策、ジブチ駐留で協定 政府、月内にも締結 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事