無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(69)東京も雪 | トップページ | 駐イラク米軍、来年8月までに主要部隊撤退…オバマ大統領 »

2009年2月27日 (金)

非正規労働者:失職15万7千人 「常用派遣」も8割失職

本当に酷い話だ。生産労働によって社会を支えてきた労働者がまさに棄民状態にされている。小泉・竹中構造改革が生み出したものだ。半年で15万人が棄てられたというのだ。労働者が未来を夢見ることができない状態にされている。この社会では労働者の前途には希望がないのだ。
今朝の朝日新聞の投書に「マルクスは我が青春の虎狩り笛」という川柳にショックを受けたというものが載っていた。朝、読んだのでうろ覚えだが、あるいは多少違うかも知れない。この川柳に同意するわけではないが、気分はわかる気がする。いま、未来のために闘うということが労働者の中から失われている。この川柳の作者は青春時代、マルクスの説く革命に希望をもって生きたのだと思う。社会活動家だったのかも知れない。しかし、この人はそれを過去のこととして、懐かしんでいる。なぜだろうか。既成の「社会主義」の崩壊の結果、この国の民衆運動の中で、労働運動に足場を求め、対抗社会を構想し、そのために日々活動するという流れが、なくなったとは言わないが、小さくなってしまった。かつて労働運動に参加する労働者は俺たちは次の社会の主人公だという誇りが持てた。社会を変革する主体という自覚であった。三池の労働者は「俺たちは栄えある三池炭鉱労働者」と歌った。マルクスもそう教えていた。
労働者・市民の日々の活動が社会変革のうえで、重要なモメントだという自覚と確信があった。だから頑張れたのだと思う。
選挙でしか政治を変えることができないという考えは代行主義に陥ってしまうのではないか。本当の確信とエネルギーは出てこないのではないかと思う。
しかし「我が青春のもがり笛」などと自嘲気味に回想することからはなにも生まれない。憲法第12条は「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保障しなければならない」とある。いま、各地のユニオンなどに結集する労働者の闘いなどの中に、自ら闘って明日を切り開くという力強い運動が芽生えていることは希望である。この派遣切りの横行などというとんでもない時代に、民衆こそが歴史をつくる原動力だという思想を復権しなければならない。
あらためてそう思う。(高田)

http://mainichi.jp/select/biz/news/20090227k0000e020049000c.html
非正規労働者:失職15万7千人 「常用派遣」も8割失職

 厚生労働省は27日、来月までの半年間に職を失ったか、失うことが決まっている派遣など非正規雇用労働者が15万7806人(今月18日現在)に上るとの調査結果を公表した。前回調査(1月26日時点)から約3万3000人増加した。派遣先から中途解除された調査対象者のうち、雇用が安定しているとされていた「常用型」の派遣労働者の8割以上が失職していることも新たに判明。雇用情勢悪化の深刻さがさらに鮮明になった。

 調査は、全国のハローワークなどが聞き取りで行い、11月から結果を公表し今回で4回目。毎回数万人単位で人数が増えている。

 今回は初めて、派遣先から中途解除された派遣労働者のうち2万1088人について派遣会社から状況を聞いた。派遣会社に無期、あるいは有期更新を繰り返す形で雇用され、安定した雇用とされた常用型派遣では、1万2456人のうち1万320人(82.9%)が、派遣先の中途解除で派遣会社から契約を切られるなどして失職していた。雇用が継続したのは1630人(13.1%)に過ぎなかった。

 派遣会社に登録して派遣され、不安定とされる登録型では89.4%が失職し、雇用継続は5.8%だった。

 厚労省は今国会に提出した派遣法改正案で常用型派遣へ誘導する方針を打ち出しているが、調査結果は常用型の不安定さも示した。

 一方、15万7806人の内訳は、派遣が10万7375人(前回比2万1632人増)で全体の68%。他は期間労働者2万8877人▽請負1万2988人▽パートなど8566人。いずれも前回から増加した。業種別では製造業が約96%を占めた。パートでは卸・小売業での解雇が1187人と多かった。

 契約途中での中途解除や解雇は6万5333人、期間満了の雇い止めは7万9393人で、共に増加、失職で住居を失った人は確認分だけで3085人(前回比410人増)。都道府県別は愛知県が2万3892人で最多、静岡県では7181人で前回の4583人から急増しており、自動車製造関連地域の厳しさが目立った。

 就職内定の取り消しは、大学生で1280人(前回比271人増)、高校生294人(同88人増)。

 派遣ユニオンの関根秀一郎書記長は「経済の悪化はもちろんあろうが、常用型でも安定していないという間接雇用の矛盾が吹き出した形だ」と話している。【東海林智】

 【ことば】▽常用型派遣▽ 派遣会社に常時雇用されている労働者。期間を定めることなく働いている者が基本だが、一定期間を定められている者でも、契約が反復更新されている者も含まれる。契約が中途解除されても、次の派遣先が見つかるまで、派遣会社の雇用が継続するとされていた。設計などの技術職などに多く、派遣会社に登録して仕事がある一定期間だけ働く登録型派遣より、雇用が安定していると言われている。

« 雑記(69)東京も雪 | トップページ | 駐イラク米軍、来年8月までに主要部隊撤退…オバマ大統領 »

「国内情勢」カテゴリの記事