無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ボリビア新憲法の平和条項(2009年1月25日採択)抜粋 | トップページ | 海自の武器使用権限拡大 海賊対策新法 外国船も保護 »

2009年2月 4日 (水)

ソマリア沖自衛隊派遣問題 民主、会議で「海賊って何?」

産経の記事である。こうして民主党バッシングが強まり、派兵に賛成しないなら政権担当能力がないというキャンペーンがやられる。こうした永田町の力関係の中では、ロビーイングなどは無視できない力をもっていると思う。
いま、私たちにできることをできるだけやっておこう。この問題では、市民連絡会などが呼びかけている共同声明運動があり、2月20日には女性達が院内集会とロビーイングをやる。5・3実行委員会は22日には上野機での街頭宣伝、3月5日には院内集会をやる。けんぽう市民フォーラムは3月9日に専修大学で研究集会をやる。WPNの3・20アクションもある。なんでもできるだけやろう。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000099-san-pol
ソマリア沖自衛隊派遣問題 民主、会議で「海賊って何?」

2月4日8時3分配信 産経新聞

 民主党は3日、外交防衛部門会議を開き、アフリカ・ソマリア沖の海賊被害の実態について外務、防衛両省、海上保安庁からのヒアリングを行った。自衛隊法の海上警備行動で海上自衛隊の護衛艦を派遣するとした政府の方針に社民、国民新両党などが反対する中、民主党は依然態度を明確にできないままだが、会議では、いまさらのように「海賊の定義」を問う質問が飛び出すありさま。同党の海賊問題への対応の遅れが一層浮き彫りになった。

 民主党は昨年12月に2回、部門会議で海賊問題について議論したが、年明けから政府・与党内でソマリア沖への自衛隊派遣論議が熱を帯び始めてからは初めての会議となった。与党が海賊対策プロジェクトチームを8日から13日の日程で現地視察のためにジブチやバーレーンに派遣するほか、自衛艦派遣の根拠となる海賊対策新法の整備に向けた作業も進めているのに、民主党はようやく対応の検討に入ったわけだ。

 しかし、この日の部門会議では、足踏み状態から脱出したとはいえる議論はなかったようだ。藤田幸久参院議員が「海賊の定義は何か。犯罪なのか。テロなのか。組織性はあるのか」と外務省に問いただせば、谷岡郁子参院議員も「まず民間船舶会社の自己責任と国の責任の区別をきちっとすべきだ」と主張するなど、「そもそも論」が噴出したのだ。

 同党は政府が新法を提出することを見据え、3月中にはスタンスを固めたい考えだが、寄り合い所帯ゆえに党内でも見解は真っ二つに分かれており、意見集約は容易ではない。自民党からは「民主党はいまごろ『海賊って何だ』という議論をしていて、大丈夫なのか」とあきれる声が上がっている。

« ボリビア新憲法の平和条項(2009年1月25日採択)抜粋 | トップページ | 海自の武器使用権限拡大 海賊対策新法 外国船も保護 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事