無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「日本の防衛は日本が責任を」 民主・小沢氏が発言 | トップページ | 雑記(69)東京も雪 »

2009年2月27日 (金)

『第七艦隊』で勢いづく政府・与党 小沢発言に集中砲火

昨日の小澤発言に首相や自民党幹部がかみついた。麻生内閣の閣僚などの失言続きで守勢に廻るのを余儀なくされていたから、久々の反撃のチャンスと見たのだろう。
本欄でも指摘したように小澤発言で米軍を減らして、自衛隊でカバーするという自衛隊増強論は危険だが、在日米軍がこのままでいいのか、日米安保のあり方はこれでいいのか、従属的日米関係はこれでいいのかという問題提起は大事なことだ。米軍基地の縮小撤去は沖縄をはじめ、多くの人々の切実な願いだ。来年は日米安保50周年、この機に日米関係の再検討の議論は必要だろう。民主党も自民党の攻勢の前に、選挙に不利だ等と思わずに、日米安保の再検討をやってもいいのではないか。与野党逆転をいうなら、従来の政治の根幹である安保体制の再検討があって良い。ただし、その場合、自衛隊増強はゴメンだ、9条に沿ってどのような平和外交を展開するのかの議論を進めよう。
昨日来、北朝鮮のミサイル(人工衛星)をMDで打ち落とすなどと言う飛び跳ねた議論がある。日本に向けて放たれるのでもないロケットをなぜ自衛隊が迎撃するのか。日本の種子島の人工衛星や外国の人工衛星に日本はどう対処してきたのか。まさに二重基準(ダブルスタンダード)だ。北朝鮮に対してなら何を言っても、やっても支持されるだろう等というやり方は許されない。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/0227/TKY200902270119.html
首相「私は全く違う」 小沢氏の在日米軍削減発言を批判

2009年2月27日11時35分

印刷

ソーシャルブックマーク

 麻生首相は27日の衆院予算委員会で、在日米軍を削減し、日本が自国の防衛に責任を持つべきだとの民主党の小沢代表の発言について、「(米海軍の)第7艦隊だけあればあとは用がないと。私はそんな意見とは全く違う。きちんとした対応を今後とも日本と米国の間でやっていかなければいけない」と批判した。

 自民党の斉藤斗志二氏の質問に答えた。

 浜田防衛相も「日本の防衛に関しては、米海軍のみならず、空軍、海兵隊も含めて十分に機能を発揮している。これらの部隊も日本駐留が必要だ」と強調した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009022702000081.html
『第七艦隊』で勢いづく政府・与党 小沢発言に集中砲火

2009年2月27日 朝刊

 民主党の小沢一郎代表が在日米軍の在り方として「(駐留は)第七艦隊の存在で十分」と発言したことに二十六日、麻生政権が一斉攻撃に出た。日米同盟を揺るがすものだとし、民主党の政権担当能力への不安をあおり、野党共闘への揺さぶりも狙っている。

 河村建夫官房長官は記者会見で「米軍の駐留を第七艦隊に限定する考え方は非現実的だ」と切り捨てた。

 自民党各派閥の総会でも「小沢民主党政権が仮に実現すれば、わが国の安全保障は根底から覆される。日米同盟にひびが入る」(山崎派の山崎拓前副総裁)といった批判が続出した。

 小沢発言を次期衆院選の争点に位置付けるべきだとの主張とともに「なんともいいかげんな外交安全保障政策だ、と地元でも大いに取り上げてほしい」(町村派の町村信孝前官房長官)という声もでた。

 小沢発言は在日米軍の大幅削減の前提として、日本が一定の役割を担うことを挙げている。在日米軍の穴を埋めるとなれば、日本は防衛力の増強に迫られる。「防衛予算を三倍から五倍にでもしようかという勢いなのかもしれないが、乱暴な議論だ」(町村氏)と、この点も批判の的だ。

 伊吹文明元財務相は「日本の軍事力増強でカバーしていく発想なら、社民党がよく(小沢氏と)一緒に行動しているなあ、と思う」と、民主党と次期衆院選での選挙協力を行う社民党を挑発してみせた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090227/plc0902271101007-n1.htm
北のミサイル MDでの迎撃示唆 防衛相
2009.2.27 11:00

 浜田靖一防衛相は27日午前の記者会見で、北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の改良型を日本に向けて発射すればミサイル防衛(MD)システムで迎撃する可能性を示唆した。日米韓3カ国が2号改良型の発射と懸念する「人工衛星」打ち上げを準備する北朝鮮への牽制(けんせい)とみられる。

 浜田氏はMDによる迎撃について「ずっとそういうことを検討している」と述べ、今回の北朝鮮の動向とは関係なく警戒態勢を取っていることも強調した。

 迎撃する場合は、イージス艦に搭載した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)と地対空誘導弾パトリオット(PAC3)で行う。

« 「日本の防衛は日本が責任を」 民主・小沢氏が発言 | トップページ | 雑記(69)東京も雪 »

「国内情勢」カテゴリの記事