無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 対ソマリア海賊 海自は多国籍軍不参加 | トップページ | ボリビア新憲法の平和条項(2009年1月25日採択)抜粋 »

2009年2月 3日 (火)

呉基地から護衛艦2隻派遣=ソマリア沖の海賊対策で-海自

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
呉基地から護衛艦2隻派遣=ソマリア沖の海賊対策で-海自

 アフリカ・ソマリア沖の海賊対策で、海上自衛隊は3日、第8護衛隊(広島県・呉基地)所属の「さざなみ」(基準排水量4650トン)と「さみだれ」(同4550トン)の護衛艦2隻を派遣することを決めた。今後、乗員の訓練を本格化させるとともに、P3C哨戒機など航空部隊や特別警備隊の派遣も検討、3月中の活動開始を目指す。
 先月28日に出された準備指示に基づき、海自は艦艇の選定を進め、3日の記者会見で赤星慶治海上幕僚長が2隻の派遣を明らかにした。 
 2隻はヘリコプター搭載型で、隊司令を含む約400人が乗艦。上級部隊や防衛省と速やかに連絡を取るための通信機器が新たに装備されるほか、海上保安庁職員の乗艦も検討されている。
 同省は近く調査団を派遣するが、赤星海幕長は「岸壁や飛行場の状況とともに、治安の問題や各国の活動なども詳細に調べたい」と話した。(了)
赤星慶治(あかほし・けいじ)
(2009/02/03-17:44)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090203-OYT1T00787.htm
ソマリア沖海賊対策、海自が護衛艦2隻派遣へ

 アフリカ・ソマリア沖の海賊対策で、海上自衛隊は3日、海自呉基地(広島県呉市)所属の第8護衛隊の護衛艦「さざなみ」(基準排水量4650トン)と「さみだれ」(同4550トン)の2隻を、海上警備行動の発令後に現地へ派遣することを決めた。

 赤星慶治・海上幕僚長が同日の定例記者会見で明らかにした。隊員の派遣規模は400人程度になる見込みで、今後、訓練を本格化させる。

 赤星海幕長は、乗船が検討されている海自の特殊部隊「特別警備隊」について、「射撃等が必要になった場合には、高い能力を持っている特別警備隊員の活用は十分考えられる」と述べ、前向きな姿勢を見せた。

 このほか、警護する日本関係船に不審な船舶が近づいていないか上空から監視するため、P3C哨戒機の派遣も検討することを明らかにした。
(2009年2月3日20時33分  読売新聞)

« 対ソマリア海賊 海自は多国籍軍不参加 | トップページ | ボリビア新憲法の平和条項(2009年1月25日採択)抜粋 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事