無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 海自の武器使用権限拡大 海賊対策新法 外国船も保護 | トップページ | 海賊対策の調査団、8日派遣=ジブチなど4カ国に-防衛省 »

2009年2月 5日 (木)

高校生との対話

某高校の高校生5名が訪ねてきて、1時間ほど懇談した。

9条をなぜ守ろうとするのか。「九条の会」を作った理由は何か。9条が変わったら日本はどうなると考えているのか。自衛隊はどうなればいいと思うか。安保条約をどう考えるか。「侵略戦争は良くないが、自衛戦争は必要だ」という人がいるが、どうおもうか。「押しつけ憲法論」にはどう反論するか。憲法9条は世界からどう思われているか。9条を広めるために何をすればいいか。私たち高校生に望むことはなにか。などなど、あらかじめメモで用意してきた質問を熱心に次々とぶつけてきた。

最後の質問には、私は「平和と共生」ということを強調した。国と国との関係でも、社会の中の人と人との関係でも、「共生」ということを考えてもらいたかった。違いを認め合い、尊重し合って、共に生きると言うことを大事にしてください。日本の中でも、朝鮮人だからなどといっていじめる人がいるが、そういう人がいたら「やめろよ」ととめる高校生になってもらいたいとお話しした。9条をしっかり読む高校生になってほしいとおはなしした。

真剣に、目をきらきらさせて聞いてくれた。たしかに私もこういう時期があったと思い出した。

近く、学校で、研究発表をやるのだそうだ。頼もしい子たちである。

« 海自の武器使用権限拡大 海賊対策新法 外国船も保護 | トップページ | 海賊対策の調査団、8日派遣=ジブチなど4カ国に-防衛省 »

「護憲」カテゴリの記事