無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ソマリア沖に海自派遣決定、防衛相が準備指示 | トップページ | 海賊船停止へ武器使用も容認 与党PT、基準緩和で合意 »

2009年1月29日 (木)

ソマリア海賊で海自 P3Cも派遣検討

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009012902000110.html
ソマリア海賊で海自 P3Cも派遣検討

2009年1月29日 朝刊

 アフリカ・ソマリア沖の海賊対策について、浜田靖一防衛相から二十八日、準備指示を受けた海上自衛隊の検討状況が判明した。アデン湾沿岸のジブチに拠点を設け、護衛艦二隻を派遣、P3C哨戒機三機の派遣も検討する。護衛艦に乗り込む特殊部隊「特別警備隊」は警告射撃は行うが、乗っ取られた船舶の解放は日本政府による交渉に委ねる方針だ。 

 派遣根拠の海上警備行動で守ることのできる日本関係のうち、アデン湾を航行する船舶は年間約二千隻。二隻の護衛艦がエスコート方式で護衛する。海賊が出没するアデン湾を含む東西に長い約千二百キロメートルの航路通過に一日半かかり、警護対象は十隻前後の大船団になる見通し。

 船団を二列にすれば先頭から最後尾まで見通せるが、海賊が利用する高速ボートなど小型の船舶は肉眼では見えにくい。護衛艦の水上レーダーが海賊監視の重要な目となる。護衛艦搭載の対潜ヘリコプターによる定期的な監視も実施する。

 特別警備隊は護衛艦に乗り込み、高速ボートやヘリで海賊船に近づき、警告した後、水面への警告射撃と船体射撃を行うことまでは想定している。

 だが、乗っ取られた船舶に対する武器使用は(1)人質の船員が犠牲になる可能性がある(2)過剰防衛になるおそれがある(3)海賊を逮捕しても身柄の取り扱いが困難-などの理由から、日本政府に交渉を任せる方針でいる。

 P3C哨戒機の活用は、防衛省が「護衛艦派遣より現実的」として以前から検討していた。既に米、独、仏、スペインが哨戒機を派遣している。基地を提供するジブチ政府と地位協定を締結する必要があり、護衛艦派遣より遅れる可能性がある。派遣は乗員、整備員、後方支援要員など約二百人を見込んでいる。
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090129AT3S2801C28012009.html
ソマリア沖海賊の情報、日米欧中ロで共有へ 護衛艦3月出発

 政府は28日、海賊対策としてアフリカ・ソマリア沖に海上自衛隊を派遣するのに伴い、すでに同海域で警戒活動を展開している米国や欧州連合(EU)諸国、ロシア、中国などとも海賊情報を共有する方向で調整に入った。海賊船の動向を把握しやすくなるほか、日本が得た情報を他国に提供することで国際協力にもつながるとみている。

 今回の派遣は自衛隊法が定める海上警備行動に基づく措置。浜田靖一防衛相は同日、海自に警備行動発令を想定した準備に入るよう指示。防衛省は来月に調査団をソマリア沖周辺国に送り、3月に哨戒ヘリを載せた護衛艦2隻を出発させる見通しだ。(07:00)

« ソマリア沖に海自派遣決定、防衛相が準備指示 | トップページ | 海賊船停止へ武器使用も容認 与党PT、基準緩和で合意 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事