無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ソマリアの海自派遣、首相「集団的自衛権とは別」 | トップページ | アフガンでの対テロ支援、政府が輸送用ヘリ改修に4億円拠出 »

2009年1月10日 (土)

外務省、アフガンに文民派遣へ 復興チームに参加

これは重大な問題だ。外務省職員=文民の派遣だから問題がないなどということではない。PRTとは軍民が一体となった「地域復興チーム」のことだ。JVCなどのNGOがかねてから警告しているように、この支援活動は米軍と一体の侵略と見なされるものだ。日本がこれに加担すること自体が、侵略行動と見なされる恐れが生じるのだ。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/0109/TKY200901090298.html
外務省、アフガンに文民派遣へ 復興チームに参加

 外務省は9日、アフガニスタン中西部のチャグチャランで展開する軍民一体型の地域復興チーム(PRT)に、同省職員2、3人を春にも派遣すると発表した。日本はPRTに資金援助はしてきたが、人を派遣するのは初めて。

 現地でPRTを主導するリトアニアの要請を受けた。現在はクロアチアやデンマークなどが参加し、警察官の訓練や地方行政への助言、開発援助をしている。治安が比較的安定していると判断し、日本も文民の派遣を決めた。医療や教育分野の支援、インフラ整備などを強化するため、各国との調整を進める。

« ソマリアの海自派遣、首相「集団的自衛権とは別」 | トップページ | アフガンでの対テロ支援、政府が輸送用ヘリ改修に4億円拠出 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事