無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 民主『18歳成人』提案へ 年内にも法改正案 民法、公選法など 喫煙・飲酒見送り | トップページ | EUが海賊対策で海自艦編入構想、実現には法の壁 »

2009年1月 4日 (日)

大企業製造業 10年で1.4倍に/剰余金32兆円増やす/1年分で 正社員年収62万人分

企業は設けたときは労働者に還元しないでため込み、景気が悪くなると、それをはき出さないで、派遣を打ち切るなど、労働者にしわ寄せする。これはその実態が明らかになる数字だ。大企業は労働者を収奪して貯め込んだ内部留保をはき出せ。この資本の不道徳を糾弾しなくてはならない。(高田)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-01-04/2009010401_01_0.html
大企業製造業 10年で1.4倍に/剰余金32兆円増やす/1年分で 正社員年収62万人分

 大企業製造業(資本金十億円以上)の剰余金は、一九九八年九月から二〇〇八年九月までの十年間で約三十二兆円増えていることが分かりました。一年間の平均増加額約三・二兆円だけで、正社員の平均年収の六十二万人分に当たります。剰余金だけでみても、雇用を維持する体力は十分にあります。
雇用維持は可能

 剰余金は、企業がため込んだ内部留保のうち、大きな比重を占めます。財務省の法人企業統計調査をもとに、リストラの先頭にたつ自動車、電機など大企業製造業の利益剰余金と資本剰余金の合計額を計算しました。

 大企業製造業の剰余金の合計額は、九八年九月末時点での約七十六兆七千三百億円から、二〇〇八年九月末には一・四倍の約百九兆一千五百五億円に増加しています。十年間の増加額は、三十二兆四千億円を超えます。

 この増加は、派遣労働の「原則自由化」(九九年)や製造現場への派遣労働解禁(〇四年)など、労働法制の規制緩和と政府のリストラ支援で、賃金の安い非正規労働者比率を急激に高めることでつくられたものです。

 総務省の労働力調査によると、〇八年七―九月期平均の雇用者に占める非正規雇用の割合は34・5%に達しています。一方、大企業製造業の経常利益総額は、ピーク時より低下しているものの十年前の一・六倍になっています。

 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、正社員の平均賃金は残業代、一時金を合わせて年間五百二十三万五千円です。

 十年間の剰余金の積み増し分だけで、正社員の年収の約六百二十万人分にあたります。十年間分のためこみを十年かけて取り崩すとしても、一年分の約三・二兆円で六十二万人分の正社員の年収分になります。

 厚生労働省の企業からの聞き取り調査では、〇九年三月末までに八万五千人の非正規労働者の雇い止め・解雇が計画されています。

 これまでの大企業製造業の剰余金の一年間分の積み増し分約三・二兆円だけで、「非正規切り」にあう労働者の解雇をやめることができるばかりでなく、その七倍以上の数の労働者を正社員にすることができます。

 利益剰余金・資本剰余金 企業のためこみ金である内部留保の大きな部分を占めます。利益剰余金は、企業が得た利益をためこんだものです。積立金や繰越利益などで構成されます。資本剰余金は、資本取引による剰余金です。

« 民主『18歳成人』提案へ 年内にも法改正案 民法、公選法など 喫煙・飲酒見送り | トップページ | EUが海賊対策で海自艦編入構想、実現には法の壁 »

「国内情勢」カテゴリの記事