無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 海自、3月にもソマリア派遣方針…海上警備行動で | トップページ | 海自:今春ソマリア沖へ 来週にも派遣準備命令 »

2009年1月17日 (土)

ソマリア沖海賊対策 船舶救出に特殊部隊

「特殊部隊=特別警備隊」を護衛艦に同乗させ、出動するというのはとんでもない企てである。特警隊は「制圧」が目的である。高速ボートとヘリで1個小隊20数人の特警隊を海賊船、または乗っ取られた船舶に強行乗船させる。本日の東京新聞の半田記者の解説では、米海軍特殊部隊が制圧訓練をしたとき、「特警隊は隊員の8割が被弾した」という。船舶上での接近戦での死傷率は大変高い。海外でのこうした戦闘、武器使用が自衛隊に憲法上、許されるものではない。とにかく、派兵死体という麻生政権の企ての元で、自衛隊が海外で人を殺し、殺される状況が近づいている。(高田)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009011790070712.html
ソマリア沖海賊対策 船舶救出に特殊部隊

2009年1月17日 07時07分

 アフリカ・ソマリア沖の海賊対策を求められている防衛省が、海賊に乗っ取られた船舶の解放を想定して、護衛艦とともに海上自衛隊の特殊部隊「特別警備隊」の派遣を検討していることが十六日、分かった。特殊部隊の派遣により、海賊対策の実効性が増す一方で、武器使用の可能性が高まることになる。

 特別警備隊は、能登半島沖で起きた北朝鮮の工作船事件をきっかけに二〇〇一年三月、広島県の江田島基地で編成された。三個小隊約八十人からなり、高速ボートやヘリコプターで工作船に乗り込み、武力で制圧する。

 政府は、日本関係の船舶を護衛艦がまとめて引率するエスコート方式をとる方針だが、船団から外れたり、個別に航行する船舶が襲撃されるおそれはある。防衛省関係者は「そのとき『何もできない』では許されない」として、特別警備隊の活用が浮上した。

 防衛省の検討では、護衛艦に乗艦させる特別警備隊は一個小隊(二十数人)程度で、高速ボートも搭載する。護衛艦に搭載しているヘリも活用する。

 政府は自衛隊法の海上警備行動を発令して海上自衛隊を派遣する方針で、武器使用は正当防衛・緊急避難に限って許される。

 それでも相手が「国または国に準じる組織」だった場合、特別警備隊が救出に向かえば、憲法九条で禁じた武力行使となる「駆けつけ警護」にあたるが、政府は「国際法上、海賊は『民間』と規定されている。武力行使にはあたらない」という。

 だが、救出をめぐり、多数の死傷者が出る事態になれば、「世論が沸騰して麻生内閣が倒れる」との見方から、防衛省には「海賊対策を軽く考えるべきではない」との慎重論もある。

(東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009011601001036.html
豪華客船護衛へ月内に準備指示 海賊対策で海警行動 

2009年1月16日 21時54分

 日本クルーズ客船の「ぱしふぃっくびいなす」

 政府は16日、ソマリア沖の海賊被害対策として、自衛隊法に基づく海上警備行動で海自艦を派遣するため月内にも自衛隊に準備指示を出し、3月中にも現場海域で活動させる方針を固めた。4月下旬から5月初めにかけて日本の豪華客船2隻がソマリア沖を通過予定になっており、この護衛を当面の大きな課題と位置付けている。

 これに関連し、麻生太郎首相は同日夜、与党の結論がまとまり次第、海上警備行動で派遣する考えを表明。海賊対策の与党プロジェクトチームは20日に会合を開き、海上警備行動に関する結論を出す見通しだ。

 ソマリア沖を通過するのは乗客乗員約1100人が乗るとみられる郵船クルーズの「飛鳥2」と、同じく500-600人が乗船する見込みの日本クルーズ客船の「ぱしふぃっくびいなす」。2隻とも世界一周クルーズの客船。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009011702000117.html
海自艦派遣準備 首相、来週にも指示

2009年1月17日 朝刊

 麻生太郎首相は十六日夜、アフリカ・ソマリア沖の海賊対策としての海上自衛隊艦艇の派遣について「与党のプロジェクトチーム(PT)で(結論が)まとまったら、すぐやる」と述べた。

 与党PTが二十日に開く会合で、自衛隊法の海上警備行動の発令による派遣を容認すれば、浜田靖一防衛相に直ちに派遣準備を指示する考えを示したものだ。官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は昨年末、与党と浜田氏に対し、海上警備行動による海自艦派遣と海賊対策の新法制定の検討を指示。政府・与党内の調整を早急に終えて、派遣に踏み切る意向を示していた。

« 海自、3月にもソマリア派遣方針…海上警備行動で | トップページ | 海自:今春ソマリア沖へ 来週にも派遣準備命令 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事