無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 防衛省、自衛官教育を見直し 改革工程表に追加へ | トップページ | 講演会ー自衛隊の暴走にSTOPを、成功 »

2008年12月22日 (月)

<自民>「立党以来、最大の危機」 09年運動方針案に明記

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081222-00000047-mai-pol
<自民>「立党以来、最大の危機」 09年運動方針案に明記

12月22日15時0分配信 毎日新聞

 自民党の「09年運動方針」の原案が22日、明らかになった。内閣支持率の急落といった政治状況を受け、党の現状について「(1955年の)立党以来、最大の危機に直面している」と危機感を表明。そのうえで、次期衆院選に向けて「戦う党組織」の再構築、広報活動の強化まで、党の総力結集をうたっている。運動方針は来年1月18日の党大会で正式決定する。

 原案は運動方針案起草委員会(委員長・坂本剛二組織本部長)を中心にまとめた。

 党の現状に危機感を示す一方、党の性格をめぐっては「責任ある保守政党」といった表現をちりばめ、政権与党の責任を強調。民主党に対しては「政権交代は幻想にすぎない」と批判し、政権担当能力に疑問をはさむなど強い対抗意識を示している。

 衆院議員の任期満了が来年9月に迫る中、次期衆院選に関しては「世界的な経済危機の打開に向け、何より政治の安定が不可欠」と強調。具体的な選挙対策として、弱体化が指摘される党組織について「わが党のかけがえのない財産であり、最大の政治決戦である次期総選挙で勝利するための強力なエンジン」と明記。新たな支持層拡大に向け、大都市部の無党派対策の一環で政令指定都市の議員との連携、労働組合との交流の強化などを盛り込んでいる。【近藤大介】

« 防衛省、自衛官教育を見直し 改革工程表に追加へ | トップページ | 講演会ー自衛隊の暴走にSTOPを、成功 »

「国内情勢」カテゴリの記事