無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 08年政治考/田母神問題/“靖国派”が引き金/懸念する自民幹部も | トップページ | 大連立の次は超大連立 小沢氏、周辺に漏らす »

2008年12月 1日 (月)

内閣支持率31%に急落 日経世論調査、FNNの調査も添付

麻生政権の支持率が下がる、下がる。これでは、解散は首相の大権とかいっても、解散のタイミングすらはかれない状態まで行き詰まるのは必然。前にあるのは麻生内閣のたれ死にか。「ああ、あのとき解散していればよかった」等という声が自民党の幹部から聞こえてくる。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081130AT3S3000K30112008.html
内閣支持率31%に急落 日経世論調査

 日本経済新聞社とテレビ東京が11月28―30日に共同で実施した世論調査で、麻生内閣の支持率は31%となり、10月末の前回調査に比べて17 ポイント低下した。不支持率は19ポイント上昇し62%となり、初めて支持と不支持が逆転した。追加経済対策の裏付けとなる2008年度第2次補正予算案の提出先送りについては「支持しない」が56%で「支持する」の28%を引き離した。

 政党支持率は自民党が前回から2ポイント低下し39%、民主が1ポイント低下し30%となり両党ともほぼ横ばいだった。自民支持率は6月以来、民主を上回っている。 (30日 22:03)

【FNN合同世論調査】内閣支持率急落、27・5% 「首相にふさわしい」も小沢氏に軍配
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081201/plc0812011201003-n1.htm
麻生太郎内閣の支持率が、9月末の政権発足当初の44・6%から約17ポイント以上も下落し、27・5%と3割を割り込んだことが1日、産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で分かった。不支持も58・3%と6割に迫って「支持」「不支持」が逆転し、麻生首相に対する厳しい世論が感じられる結果となった。

 麻生首相と民主党の小沢一郎代表のどちらが首相にふさわしいかを聞いたところ、これまでの調査では首相に圧倒されていた小沢氏(32・5%)が逆転し、首相(31・5%)を1ポイント差ながら上回った。

 麻生政権の評価を項目別に聞いたところ、「指導力」を評価しないのは71・9%、「首相の言動」も78・4%が評価しなかった。首相が政権の看板として掲げる「景気対策」(16・2%)や「外交政策」(28・3%)でも、評価するとの答えは低かった。

 定額給付金を景気対策として適切だと思うはわずか18・3%、適切だと思わないが76・9%を占めた。

 首相と小沢氏の2人を比較した質問では、これまでは麻生人気が強かったが、今回は多くの項目で小沢氏に軍配が上がった。

 「主張に説得力がある」のは麻生首相が27・9%だったのに対し小沢氏は51・5%。「政策がよい」でも、首相の28・3%に対して、小沢氏は36・4%と上回った。

 日本の首相にふさわしい人物を与野党11人の政治家の中から尋ねた設問では、麻生首相との答えは8・8%にとどまり、11・4%を獲得した小沢氏が、小泉純一郎元首相と並んで初めてトップになった。

 調査は11月28日の党首討論の直後の29、30の両日に実施。全国の成年男女1000人から回答を得た。

« 08年政治考/田母神問題/“靖国派”が引き金/懸念する自民幹部も | トップページ | 大連立の次は超大連立 小沢氏、周辺に漏らす »

「国内情勢」カテゴリの記事