無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 沖縄北谷の米軍基地外住宅 | トップページ | 辺野古の看板 »

2008年11月11日 (火)

田母神前空幕長が改憲主張 参院委で「直した方がいい」  

参院外交防衛委員会で参考人として招致された田母神・全航空幕僚長が「9条をなおしたほうがいい」と主張した。田母神は99条も、文民統制も全くわかっていない。こういう改憲論者を空幕長にしておいた政府・防衛省の責任は重大だ。(高田)

http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111101000020.html

田母神前空幕長が改憲主張  参院委で「直した方がいい」  

 歴史認識に関し政府見解を否定する論文を発表して更迭された田母神俊雄・前航空幕僚長は11日午前、参院外交防衛委員会での参考人招致で、憲法9条に関し「国を守ることについてこれほど意見が割れるものは直した方がいい」と述べ、改正すべきだとの考えを表明した。田母神氏は論文でも、集団的自衛権行使を容認すべきだと主張している。航空自衛隊の前最高幹部が憲法改正の持論を国会で正式に表明したことは、シビリアンコントロール(文民統制)との関連でも問題となりそうだ。

 一方で田母神氏は、懸賞論文の募集について、航空幕僚監部の教育課長に紹介したことを明らかにした。教育課長は「自己啓発に役立つ」としてファクスで論文の存在を各部隊に周知させていたことが判明しており、田母神氏の関与で組織的に投稿を働き掛けていた疑いが濃厚となった。

 懸賞論文には、田母神氏以外にも航空自衛官94人が応募。防衛省・自衛隊は各部隊への通知について「教育課長の判断で、田母神氏の関与は確認されていない」としていた。ただ田母神氏は「私が指示すれば、千を超える数が集まる」とも述べ、直接的な指示を否定した。

 浜田靖一防衛相は、懲戒処分の手続きに入らなかった理由に関し「(懲戒手続きの審理の中で)政府見解と異なることを新たに主張され、自衛隊員の士気が落ちることは避けたかった」と釈明。田母神氏は懲戒処分の審理に入っていた場合の対応に関し「村山首相談話は政治声明だと思うので、われわれにも言論の自由があることを主張するつもりだった」と答弁した。

« 沖縄北谷の米軍基地外住宅 | トップページ | 辺野古の看板 »

改憲動向」カテゴリの記事