無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 還暦の九条賛歌 伊達男ジュリー再び | トップページ | 防衛省要請文 »

2008年11月 4日 (火)

麻生内閣「不支持」が上回る、発足1か月余で逆転…読売調査

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080116-907457/news/20081103-OYT1T00542.htm
麻生内閣「不支持」が上回る、発足1か月余で逆転…読売調査

 読売新聞社が1~3日に実施した全国世論調査(電話方式)によると、麻生内閣の支持率は40・5%(前月比5・4ポイント減)に低下し、不支持率は41・9%(同3・3ポイント増)に増えた。

 内閣発足から1か月余りで、不支持率が支持率を上回り、逆転した。

 麻生首相が米国発の金融危機への対応を優先し、衆院解散・総選挙を当面先送りする考えを示したことについては、「評価する」56%が、「評価しない」33%を上回った。ただ、麻生内閣の金融危機への対応を聞くと、「評価する」は42%にとどまり、「評価しない」の46%が多かった。

 追加景気対策のうち、総額2兆円に上る定額給付金支給を「評価する」は38%にとどまり、「評価しない」56%が多かった。一方、高速道路料金の大幅な引き下げは「評価する」56%が「評価しない」37%を上回った。

 首相が、行政改革実現と景気回復を条件に、3年後に消費税率を引き上げる考えを表明したことについては、「評価する」42%、「評価しない」51%となった。

 政党支持率は自民が32・4%(前月比6・3ポイント減)と大幅に減らした。民主は23・4%(同0・9ポイント減)だった。次の衆院選の比例選で投票しようと思う政党は自民32%、民主31%となった。自民は7ポイントの大幅減で、民主は1ポイント減だった。
(2008年11月3日22時13分  読売新聞)

« 還暦の九条賛歌 伊達男ジュリー再び | トップページ | 防衛省要請文 »

「国内情勢」カテゴリの記事