無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 費用60億円の迎撃ミサイル発射実験、海自が失敗 | トップページ | 海賊対策で海自派遣特措法案 抵抗抑止に武器使用容認 »

2008年11月20日 (木)

海賊対策で特措法策定へ=ソマリア沖に限定-超党派議連

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008112000478
海賊対策で特措法策定へ=ソマリア沖に限定-超党派議連

 自民、民主、公明各党などによる超党派の議員連盟「新世紀の安全保障体制を確立する若手議員の会」は20日午前の役員会で、アフリカ・ソマリア沖に海上自衛隊の艦艇を派遣し、海賊対策に当たらせるための特別措置法案を議員立法で策定する方針を決めた。来年の次期通常国会への提出を目指す。
 特措法案では、武器使用につながる海賊の取り締まりよりも、海賊による被害を未然に防ぐための対策に重点を置く方針。具体的には、護衛艦による日本関係船舶の護衛や、P3C哨戒機による海賊船の監視などを想定している。(2008/11/20-13:11)

« 費用60億円の迎撃ミサイル発射実験、海自が失敗 | トップページ | 海賊対策で海自派遣特措法案 抵抗抑止に武器使用容認 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事